あなたの姿は見えずとも。

毎年、お盆になったら思い出す出来事です。

私の父は数年前に亡くなっています。

病気だったんだけど、発見が遅かったことから
意識がしっかり戻ること無く、帰らぬ人となったのでした。

そして初盆。

精霊馬 お盆 お供え物  - 写真素材

(c) gato |ストックフォト PIXTA

実家に妹家族と私と母が集合。

そうすると、家の中になにか違う空気、違和感を
ずっと感じていたのです。

甥っ子(当時4歳)が 「ろくにんいるねえ~!」 と話してたりして
(母・義弟・妹・甥・私 で5人だった)
帰ってきてるのかもね~ ってな話をしながらも普通に過ごし。

自宅に戻り、一人になって違和感の原因に はっと気づいたのでした。

「気配がするのに姿が見えなかったから 変だと感じていた」

のですよ。

父が存在する、そこにいる気配がずーっとしているのに
実際の姿は視えることが無く、それで違和感を感じてたんです。

それに気づいたとき 「あー、ちゃんと帰ってきてたんだ」 と思って
思わず涙が出てしまいました

父は 私にだけ 夢枕にも立ったことがない んですが
亡くなった父を感じたのは、この時が初めてでした。

そんだけ心配されてないというか、なんなんだろうなあ。

ちなみにこの父、霊感もちでした。
父から聞いた 見えない世界の話は、また別の機会に。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿