ご存じの方はご存知の内容です。

悩みを思った・占って欲しいと思った時間を利用して占う方法があります。

西洋占星術を使う場合 「ホラリー占星術」 (古典占星術になります)

東洋易占では 「梅花易数」 というやり方です。

昔の人って正確に出生日時が解らなかったので、

占星術で未来を予測するときにホラリーが使われたとも言われています。

占星術って昔は学問だったからかな。

写真素材 PIXTA

(c) ヘルメス

写真素材 PIXTA

梅花易数は筮竹やコインを使わず、時間から卦とコウを割り出します。

基本が分かっていれば 梅花易数で卦を出すのはそう難しくないです。

易が難しいのは、卦の内容を覚える方なので・・

(ちなみにイーチンタロットは絵読み出来ないんですよ。卦の内容キッチリしてるから。)

そして、どっちもかじってるんですが ホラリーで解らなくなったため

梅花易数で卦を弾きだしたら まだ読めました。

で、ホラリーと卦の内容を見たら だいたいやっぱり似通ってるんですよ。

同じ内容を占うっていい方法では無いとは思うけど

自分の占いで検証兼ねてだから、まあアリかなと。

結果がそのとおりになるかはお楽しみ。

メモ:梅花易数 本卦 地天泰 変じ 水天需 互卦 雷沢帰妹

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿