神様の前に捧げられていたもの。

食品が多いのですが
これをご神饌(しんせん)と呼びます。

ご神饌は神社に参拝に行ったり
御祈祷をお願いした時などに
いただけることがあります。

 

で、このいただいたものを
どう使っていいか解らない。

そんな質問をいただいたのですが
その前に、どんな物がいただけるのか
フェイスブックとツイッター上で
教えていただきましたら

様々なものがありました!!

  • お米
  • 昆布
  • みかん
  • お酒
  • 梅干し
  • 果物
  • お菓子
  • 鰹節
  • だし
  • スルメ
  • 落雁
  • 砂糖
  • せんべい
  • あずき
  • お茶
  • 混ぜ込みわかめ
  • お塩
  • お箸
  • お汁粉
  • 乾麺のうどん

 

面白いところでは

  • 出雲生姜じんじゃエール
  • 神官さんが二振の日本刀で捌く 鯉の刺身。

鯉の刺身は、鯉が神様に供えられているんでしょうね。
それを捌いて、神事に参加したものでいただく、と。

で、このいただいたものですが
基本的には食べればいいのです。

 

これらはご祈祷によって、神様の気
エネルギーが入っています。

なので いただいたものを
食べたり飲んだりするだけで
自分の中に神様の気、エネルギーを
取り込むことが出来ます。

それぞれどうするか、を
書いておきますね。

 

  • お米 → ご飯を炊くときに混ぜて。
  • 昆布 → 出汁を取ったり、食べて。
  • 飴 → なめて。
  • 餅 → 食べて。
  • みかん → 食べて。
  • お酒 → 飲んだり料理に使って。
  • 梅干し → 食べて。
  • 果物 → 食べて。
  • お菓子 → 食べて。
  • 鰹節 → 食べて。
  • だし → 食べて。
  • スルメ → 食べて。
  • 落雁 → 食べて。
  • 砂糖 → 食べて。
  • せんべい → 食べて。
  • あずき → 煮て食べて。
  • お茶→ 飲んで。
  • 混ぜ込みわかめ → ご飯に混ぜて。
  • お塩 → 食べて。
  • お箸 → 使って。
  • お汁粉 → 食べて。
  • 乾麺のうどん → 茹でて食べて。

 

更にこの中で、特別なお守りに
使えるものが いくつかあります。

この3つです。

  • お米
  • お塩
  • お酒

お米やお塩は、霊的な影響を受けた場合の
体調不良に効きます。

水で少量飲んだり、舐めたり。
気持ちの悪い場所に、少量置いてもいいです。

 

お酒は場所を浄化するのに使えます。

指先をお酒で濡らし、指先で弾いて
周りに撒きます。

あまりたくさん撒かないこと。
ベッタベタになります。

 

そして、お塩とお酒は
地面に直接撒くときは
ほんのほんの少しだけ。

一滴・ひとつまみ程度にしましょう。

大量のお塩とお酒は、大地を傷つけます。

 

神社でいただいたお米、お塩が手元にある方は
小さめのファスナー付きの袋に入れて
持ち歩くと万が一の時に便利ですよ。

ついつい、大切に置いておきがちですが
折角の神様のエネルギー入りです。

早めに食べて、パワーを分けていただきましょう!

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿