最近、カードコンサルテーションやお財布ツアーなどで 霊視が必要なご相談や

お話をお聞きすることがあります。

その都度、霊視鑑定で―とお話はするんですが

どうも どこまでが霊視で、どこまでが違うかってのが

クライアント様にとって 非常に曖昧なのだな と気づきました。

いやーー、視野が狭かったな、私。

霊視に該当するご相談内容は

神棚 ・ 仏壇 ・ お墓 ・ 住宅(家魂は除く) ・ 土地

家庭に関する霊的な作用の有無 ・ 参拝するのに良い神社

氏神様のいる神社 ・ 亡くなった方のお声 です。

自分の未来や今後なども、見ることが出来ますが

霊視でなくても鑑定可能ですから、外しています。

逆に 鑑定できないご相談内容は

人の生死に関すること ・ 裁判で係争中の問題 ・ 健康問題

相続問題 ・ ギャンブルについての鑑定

直接の接点がない芸能人の方との恋愛
(直接連絡が取れる場合は連絡可)

亡くなってから3回忌を迎えていない方のお声

ご自分に直接関係のない住宅・土地の鑑定 です。 

前半は カードコンサルテーションでも受けていない内容なので

ご理解いただけると思います。

亡くなってから3回忌を迎えていない方のお声については

ご本人様がお話になられた時にのみ、お答えさせていただきます。

ご自分に直接関係のない住宅・土地の鑑定については

私は原則

「ご依頼者さんに直接関わらない

  モノゴトへの鑑定はしない」 

んです。

  • 自分の実家、主人の実家が何かヘン。
  • 彼氏が引っ越してから、どんどんおかしくなる。
  • 友達が引っ越してから 人が変わったようになってしまった。

こういった場合、必ず住人である方から ご依頼ください。

何故かと言うと、対策は住人である方に直接してもらわないとダメだから。

そして、霊視してもらって こういう結果が出たんだ・・って

ご本人様にお話することが あなたに出来ますか?

本人から頼まれてもいない霊視って された方からすると

覗き見にしか思えない んですよー。

ご依頼者本人以外の項目を、こちらが勝手に見ることはありません。

ご意向をくみ取って、こちらがサービス鑑定することもあり得ません。

それこそ覗き見ですやん。

メール鑑定ですと、書いてあることしか見ません。

対面や、チャットの等のリアルタイム鑑定の際には

ご依頼者さまが、「これはどうなんでしょうね?」という

ご質問を投げかけられた場合に、それに関して霊視をします。

もちろん、例外はありますよ。

その方の現在の生活に、影響を受ける場合が例外です。

でも、何が例外かって すごーーく伝えづらいので これは鑑定可能?と

思ったら、お問い合わせ頂くとありがたいです。

あと、時折 神様から許可が降りなくて 霊視できない人もいます。

それはどうしようもないので、お断りせざるを得ません・・

また、除霊・浄霊に掛かる実費についても ご質問がありました。

基本 ご自身でやってもらう事が多いのですが

こちらで対応する場合に 実費が掛かります。

  • 榊がいったら榊代
  • お酒がいったらお酒代
  • 塩がいったら塩代
  • こっちで参拝必要なら交通費
  • こちらが伺うことをご希望なら交通費 

そんな感じです。

ごく稀に水晶を埋める必要があったりするんですよね。

こればっかりは鑑定しないと解らないのですが

出来る限り、掛る費用は少なくしたいと思っています。

プラス そこにお気持ちで お幾らか頂戴する形になります。

除霊・浄霊が必要なときも そんな感じです。

霊視をご検討頂いている方の、ご参考になりましたら幸いです。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿