常々「努力は必要」とお話していた私ですが 最近、どうもそれは違うのでは・・ と
気づきました。

そもそも、「努力・頑張ること」と「やるべき事」は一緒?

 

「努力」「頑張る」 は 「やりたくない自分のお尻を叩く言葉」で その言葉を使うことによって、自分を奮い立たせとるんです。

 

この言葉で、奮闘できる時も 勿論あるし、目の前の山を超えたい人にとっては 良い言葉でしょう。

しかし、納得していない自分の心に ずっと言い続けると、延々と休みなく
自分を奮い立たせることになって、疲れるわけです。

 

だから、頑張れない 頑張ることが解らなくなる。

 

 

私が今まで「努力しないとダメ」と言っていた意味は
自分を常に、無理やり 奮い立たせるという意味ではなく

 

「自分の、今、やるべきことを やる」 ということ。

 

 

ここには、自分の感情とか入れる余地はない。

気持ちを入れても、やらんとあかんもんはあかんから。

 

  • 出会いが欲しいのに、家と会社の往復。休日もゴロゴロ。
  • 転職したいのに、求人情報を調べない。
  • 今に不満があるのに、愚痴をこぼすだけ  ・・・

 

これでは 変わるものも変わりませんがな。

 

 

自分を変えたいなら、今までの自分とは ちょっと違うことを始めんとあかん。

そこには 最初の一歩を踏み出す勇気が必要になることもある。

 

今まで やるべき事を先送りにしてきたり、努力をしなかったなら今こそ、やりましょう。

「違うことをする」ということなんだから。

自分をフラットに 整えることから 始めてください。

 

だけど、頑張りすぎて どうしていいのか 解らなくなったら。

自分らしく、楽しく 人生を喜びと共に生きていきたいのなら。

私に吐き出してくれたらええのよ。一緒に気づいていこ。

 

 

 

自分が楽である、ということは 心に素直であること。

その素直、自分を信じられない人が多くて、凄い勿体無いことしてる。

意外と出来てるねんって。

 

 

自分自身の主導権は 自分自身でしか持てない。

 

自分の望む方向に、舵を切るのは あなたの心だけやねんから。

 

 

 

 

2014年12月7日 初回投稿

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿