視えること・その対価(1)のつづき。

さて、視えるから 視えたことを言うとして。
視えたことを教えてくださいと聞かれて言うとして。

単に、メッセージ性の強いものであれば そんなに問題はないです。
(厳密に言えばあるっちゃあ あるけど)

これがね、霊的な問題が絡んでいる場合で。
うっかりそこに触っちゃった場合。
とんでもない対価が発生することがあります。

これがね、対価が金銭だったり自分の体調程度だったらいいのよ。
自分のやったことなんだから、自分の尻ぬぐいなんだからさ。

でもね、これが 自分の家族やペットや植物に行くこともあるのよ。
最悪の事態もあり得ます。
そうなった時に、あなたは責任が取れますか・・・?

私達本職は、そうならないように 慎重に作業を進めています。

もし、あなたがスピリチュアルな仕事をしたいと思うのであれば
そういうことが起きる可能性を考えて、腹くくってやってください。
光を伝えることだけをする人は、間違っても闇に触らないで。
こういったことは、本来修行と学びが有ってやるものです。
まね事や本だけの知識で勝手に判断してやらないでね。

何のために、本職があるのか。
そこにはちゃんと理由があるのです。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿