複数のミディアム、霊能者からミディアムシップリーディングを受けても良いの?〜スピリチュアル質問コーナー 31~

「霊感・霊能・霊視・スピリチュアルに関する
ご質問に答えるコーナー」 
です!

今日はツイッターの匿名質問箱
peing経由でいただいたご質問です。

ありがとうございます!

 

ミディアムシップ、とは

亡くなった方からのメッセージを私が受け取って

相談者に伝える、いわば霊界通信のこと、ですね。

 

これを複数のミディアムに受けたけれど

故人はどう思うのか? ということですね。

 

これは亡くなった人の性格にもよりますが

故人は「無駄遣いして」って思うくらいです。

 

それよりも、質問者であるあなたが

それぞれのリーディングに

満足できたかどうかの方が気になります。

 

ミディアムシップリーディングって

何回も違う人に、かつ短期間で

受けるものではないんですよ。

 

そこは占いや、その他のリーディングとの

大きな違いです。

 

というのも

ミディアムシップリーディングの意味って

 

「深い悲しみに沈んでいるクライアントを

悲しみから立ち上がらせて、前を向けるように

自分自身の人生を生きていけるようにする」

 

そんな目的のためにあるんです。

 

ですが、世の中にはいろんな人がいて

 

亡くなった人が苦しんでいる、とか

供養しないと成仏しない、とか

亡くなった状況のままだ、とか

迷って成仏していない、とか

 

言われて悩むクライアントも多いの。

 

そしてお金目的だった場合

色々買わされたり通わされたりするのね。

弱みに付け込まれるわけです。

 

そんな方がセカンドオピニオン的に

私の元に来られることも多いんですよ。

 

全く

 

悲しんでる人を、より悲しませてどうするよ。

 

でね、これはミディアムとして

メッセンジャーとして

常に意識して努力する部分なんですが

 

満足いくメッセージを届けているなら

そんなに何回も、人を変えたりしてまで

亡くなった人からのメッセージを聞こうって

あんまり思わなくなるんですよ。

 

そしてクライアントも

大切な人を失って辛くて悲しいのも解る。

 

だけど亡くなった人を悼むあまりに

亡くなった人に依存してはならないのです。

 

だって私たちは生きていかないとダメだから。

 

 

また、亡くなった人がミディアムに対して

コンタクトを取ることって

亡くなった人も体力(霊力)を使うわけです。

 

公開ミディアムシッティングで

亡くなった人側が何回も来るのは

あまり問題がないんですが

こちらが何回も呼びつけることで

亡くなった人たちが負担になることもある。

 

だから私は一周忌を過ぎてから、で

一年に一回を目安にしてね、と

クライアントに伝えるのです。

 

まあ、ほとんどのクライアントは

2回目は数年開けて来られるんですけどね。

 

悲しい気持ちも、辛い気持ちも解ります。

 

だけどずっと悲しむのではなく

あなたも立ち上がって進んで欲しいのです。

 

そのためにミディアムはいる。

 

あなたが大切だったあの人が

自分の死をずっと悲しんで欲しい、なんて

思うはずもないのだから。

 

ミディアムは亡くなった人と

生きている人の架け橋。

 

そしてあなたが、これから先の人生を

進んでいくためにミディアムはいるのです。

 

大切な人が、あなたにそう望んでいるように。

 

ミディアムシップリーディング

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン奄珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿