占いとサイキックって違うんですか?

「占いとサイキックって違うんですか?」

そんなご質問をいただきました。

 

占いとサイキックって似ている、と
思っている人もいるだろうし

全然違うものだ、と
思っている人もいるでしょう。

 

実際どっちなんでしょう?

その答えは……

 

占いとサイキックは全く違うものです。

 

どこがどう違うのか、ご説明しますね。

 

占いって?

占いのもともとの始まり。

それは神託、神様からの言葉を
受け取るために使われていたものです。

 

占いには必ずルールがあります。

 

そのルールとは神様からのメッセージを
受け取るために必要な、儀式的なものもあれば
メッセージを受け取りやすくするものなどが
あります。

 

占星術でこのルールを例えると

  • この日に生まれた人はこの星座
  • この惑星がこの場所にいるなら、性質はこう
  • この惑星とあの惑星との角度で
  • この人はこういうことに幸運があります

 

などと、占うことが出来ます。

 

タロットカードでのルールは

このカードにはこういった意味があり
こういう風に解釈をします、って感じで

 

で 易占の場合も筮竹(棒みたいなやつね)を広げ
8本ずつ取った残りの棒の数で結果を出し
それを6回繰り返して結果が出ます。

その結果にもちゃんと、この卦が出たら
こういう意味だよ、と決まっています。

 

オラクルカードは特に
ご神託の部分が強いです。

カードそのものが天使からのメッセージです、って
なっているものもあるから。

 

オラクルカードには1枚1枚メッセージがあり
そのメッセージこそが結果なんですよね。

 

このように占いとは、占いごとに必要なツール

 

星占いなら惑星
タロットならタロット
易占いなら筮竹、または易サイコロ などを使い

 

使ったツールの結果とルールに基づいて
導き出された結果を示すものです。

 

そのため占う側は、占うツールとルールについて
学ぶ必要が絶対的にあります。

 

ややこしい言い方ですが、一言で言うなら

占いをするためには
占いを勉強する必要があるんだよ、ってこと。

 

占いは勉強と練習が必須。

勉強と練習をしない占い師はちょっと、というより
まずいって言ってもいいレベルです。

 

 

サイキックは?

一方サイキックは、人間が元々持っている
能力を使ってリーディングをします。

サイキックリーディングのルールは
自分の能力を使って相手をリーディングする。

それだけです。

 

ツールは使っても使わなくても良いです。

ツールを使う場合も、制限はありません。

 

占い用のカードだけでなく、本や雑誌や絵画
写真や看板、広告ですらツールになります。

 

それらのどれを使っても、サイキック能力なら
リーディングすることができるからです。

慣れてくると最終的にツールは
何もいらなくなります。

ツールはあってもなくてもできる、って言うこと。

 

そしてサイキック能力を
どういう風に活用すればいいか。

それだけを学べば、後は自分で考えて
使っていくことができます。

 

でもサイキック能力にも、苦手なことがあります。

 

それは自分自身と家族に対して
使うことが出来ないんです。

 

サイキック能力はすべて
自分と家族以外の人を
リーディングするために使います。

 

自分で使うサイキック能力の一つで
虫の知らせ、というものがあります。

しかしこれは自分で使うかどうか
コントロールできないものなんです。

なので使える、とは言いづらいものです。

 

私も自分をリーディングをするときは
今でも占いを使います。

占いは自分自身のことを占えますからね。

 

このように占いとサイキックは似ていますが
その中身は全然違うもの、なのです。

 

占いを選ぶ? サイキックを選ぶ?

占いとサイキックは、似ているようで
違うものだ、と解っていただけましたか?

どちらも、あなたの悩みや願いに対する
指針を与えてくれるのです。

 

もしあなたが、自分が誰かに相談したいなら
占いでもサイキックリーディングでも
お好きな方を選べば良いでしょう。

 

そしてもし、あなたが占いをしているなら
占いとサイキックは併用できる事を
知っていてください。

 

ただし占いとして、メニューに出しているならば
占いをメインにした上で
サイキック能力を使いましょう。

 

これは、占いにルールがあることが理由です。

 

なぜそのルールが作られているか、なんですよね。

 

私は占い師からサイキックになっていますが

やはり占いと言ってリーディングをする以上
占いで決まっているルールは崩すべきではない。

 

そのルールを無視して、占いだ、とは
言えないんです。

 

まずは占いのルールに則って、意味を見る。

そこから先、深くリーディングするために
サイキック能力を使う。

 

こうすれば決められた意味
ルールから外れる事はありません。

 

占いとサイキック、どちらが自分に向いているか?

どちらが自分がやっていきたいものなのか?

 

そんな質問もいただきます。

 

それは私にもわかりません。

それはあなた自身が選ぶものだからです。

 

ただ不思議なことに、占いをやっているうちに
サイキック能力が上がっていく人が多いのですよね。

 

だから自分が占っていること以上に
違うものを感じだしたり、映像や感覚的に
感じることが増えたのであれば

サイキックを学ぶのも
1つの方法なんじゃないかな、と考えています。

 

どちらも素晴らしいもので
特に悩みや迷っている時には頼りになるものです。

 

必要に応じて、上手に使い分けてくださいね。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿