生きるのが楽になる、感情を整理する方法。

感情と事実を切り離すのが
苦手な人、っている。
私はどちらかといえば、感情は薄い方で
事実を重視する傾向がある。

 

だから感情と事実が混じってしまう
切り離すのが苦手な人を見ると

なぜそんな思考になるのか? が
あまりよく解らなかった。

 

だがある日、気付いた。

 

感情と事実が混じるタイプの人にとって
感情は

 

「自分が感じた事だから事実」

になっている事を。

 

 

例えばある人に、Aと言われた という場合。

事実は「あの人がAと私に言った」だけだ。

 

だけど感情と事実を切り離すのが苦手な人は

「あの人がAと私に言って、私はこう感じた」

までが事実になっている。

 

事実はあくまで実際にあったことで
感情は自分の感じたもの。

この2つは全くの別物だ。

 

なぜなら事実は、他人が見ても明確な事
客観的に確認することができるものだが
感情は感じた自分の内側にしか、存在しない。

そこを一緒にするから、ややこしくなる。

 

もしあなたが、他人に話をするときや
説明するときに伝わらない
相手にイライラされてしまう時は
事実と感情が混じっているのかも知れない。

 

また、他人に注意されたり悲しい気持ちに
なってしまった時も、同じように
事実と感情が混じっているのかも知れない。

 

だから意識して、自分が今感じていることは

 

実際にあった出来事で、事実なのか?

自分がそう感じた、思ったこと、感情なのか?

 

そう分けて考えてみよう。

 

そして事実は事実として。

自分の感じたことは感じたこととして。

 

自分を見つめていくと、思考と感情が整理されて
感じなくてもいい感情も、整理される。

 

そうすると、自分の感じていることが整理されて
気持ちが楽になるよ。

結果、生きるのが楽になっていくのだ。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿