あの世のこの世の橋渡しをする役目として生きる、ということ。

サイキックミディアム(霊媒)。
前からこれで生きていくと決めていたけれど
しっかり道筋が決まった。

 

これは玄武覚醒を自分自身にしたことで
自分の家系因縁、呪が解けたこと。

それによって、抑えられていた能力が
戻ったことによって、自分自身がしっかりと
この道に進むと確信できたからだ。

 

サイキック(霊能者)と
ミディアムシップ(霊媒)。

 

私はどちらも出来る能力を持つ。

 

その役目は現実のこの世、見える世界と
霊界・あの世、見えない世界の中間に立つ
只の橋渡し役で、仲介者。

 

生きている人のリーディングも
亡くなった人が伝えたいことも聞いて
メッセージを伝える事が出来る。

 

使命なんて陳腐な言葉は使いたくない。

ただ、見えない世界に行ってしまった
肉体を失った大切な人たちが
今、この世にいるあなたに対して
伝えたい事があるならば。

 

それを聞き取ることが出来るものが
伝えるべきなのだ。

 

サイキックが凄いのでもない。

ミディアムが凄いのでもない。

 

ただ知覚に優れたもの。
ほんとそれだけだ。

 

生きている人に伝えるべきこと。

私に会いに来てくれた人に 伝えること。

 

これが私の進んでいく道。

 

サイキックミディアムとして
これからの人生を生きていく。

 

必要な言葉をあなたに届けるために。

 

 

 

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿