「死者の声を聞ける」 って、うさんくさいと思いますか?

亡くなった方の声を聞けること

死者の声を聞けること って

 

うさんくさい

怪しい

 

そう思いますか?

 

そんな うさんくさくて、怪しい事を
仕事にしているのが 私です。

 

 

サイキック(霊能)力を使って
クライアントさんに必要なメッセージを
お伝えしたり

 

霊視能力を使って 土地や建物の状態を
リーディング、浄化したり

 

ミディアムシップ(霊媒)力を使って
死者が伝える言葉を受け取る。

 

こういったことを やっているのが
サイキックミディアムの仕事です。

 

 

で、亡くなった方の声を聞ける
ミディアムという仕事は、日本で言うなら
青森のイタコさんに近いかも。

でもね、こんなうさんくさい事やけど
私は一番やりがいを感じてるんよ。

 

人が亡くなる時に。

想いを確実に伝えられない人もいるし
伝えられなかった言葉もあるだろう。

 

それは、亡くなった人にも
今、生きている人にも
どちらにもある事。

 

彼岸と此岸の間にある、三途の川は
想像以上に生者と死者との
コミュニケーションを阻む。

あの世に渡っても 魂は永遠で
終わりではないと知っていても

やはり、肉体が無い というのは
大きいことなのよね。

悲しいけれど。

 

そして、死者と話したい
想いを伝えたい、と願う人の気持ちは
痛いほど解る。

 

だから、この能力を使って

彼岸と此岸の橋渡しをする

生者と死者の橋渡しをする のです。

 

この能力が 恵まれたものかどうか
私には解らない。

 

そやけど、この能力が 生死関係なく
人の役に立つなら、使ったほうがいい。

 

あの世に旅立った人たちが
どんな想いを持っているか。

どんなにあなたを愛していたか。

もっともっと知って欲しい。

それだけやねんて。

 

まあ、こういう事書くと
お金取るのはおかしいとか
犯罪発見に活かせとか 言う人もおる。

お金は私の時間を使ってるのもあるけど
明示しておかんと、来にくいからよ。

犯罪発見に活かしている人もいるけど
それはそれで特殊能力でもあるのよ。

ただ、被害にあって亡くなった人の声は
私にも聞ける。

 

やってることは、うさんくさいなあと
我ながら思うこともあるねん。

 

でも、それ以上に。

向こうに渡っている 亡くなった人が
伝えたい言葉は 愛と感謝なんよ。

それを私はあなたに伝えたい。

 

この人と会話したい! がなくても
ミディアムシップリーディングは出来る。

なぜかって、向こうから
あなたに話したい人が来るから。

 

皆、本当に聞いて欲しい。

 

あなたがどんなに愛されているか。

あなたがどんなに思われているか。

 

それを伝えるための力を
私は持っているから。

 

ミディアムシップ・リーディング
詳しくは こちらをご覧ください。

 

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿