知ったかぶりして答えることで、得られるものは あなたのプライドだけ。

 

答えたことが合っていたらラッキーや。でも間違ってたら信用無くすし、あなたが会社に勤めてたら 組織全体の信用に関わるんやで。

 

これは私が金融機関に居た時に、芯まで叩きこまれたこと。

 

間違った案内はお客様に損失を与えかねないから。特にお金を扱う場所だから、適当に答えてはいかんのだ。

 

知らんことは恥ずかしいことちゃうねん。

 

ちゃんと確認して、正しい内容をお伝えすればいいだけ。

適当に答えて間違ってたら、信用を失ってしまうし、失ったものは簡単には戻らない。自分のちっちゃいプライドなんて、信用と天秤に掛けるほどの価値もない。

 

だから私は知らないことは知らないと言う。

 

無知な人だ、と鼻で笑われるかも知れないけれど。

知らないもの、検証したことがないことを さも事実のように語るほど、私は図太くない。
自分にも誠実であるように、あなたにも誠実でありたい。

ただこれだけなのだ。

 

知らないことは恥ではない。

何回も確認したって良いんだ。相手に誠実に応えるためなら。

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿