年が明けると初詣に行かれる方も多いのではないでしょうか。

最近「神社のお賽銭はこの金額がいいよ」みたいな記事もネットで出回ってますね。

「10円は遠縁に繋がるからダメ」
「10円でも5円二枚ならいい」的な。

一体 お賽銭はいくら納めるのが良いのでしょう。

 

 

 

納めたいだけ、納めたらエエがな!!

お賽銭って「神様への感謝の気持ち」であって お金ができる前は米とか布やってんで。

そんで、それは神様がよこせって言うてるんや無くて、感謝の気持ちを人が現すためにお納めするもんや。

5円玉がいいって言われるのは、あれ一理あって。裏に稲穂が刻んであるからなん。

 

賽銭の語呂合わせなんて、人間の勝手な縁担ぎっすわ。

 

なので、納めたいだけ納めたらいいんよ。

心屋仁之助さんは「神社ミッション」って言うて 1万円札入れるとかいうの言うてはるね。あれもアリよ。納めたいんやし。

 

あとな!賽銭は投げたらアカンで!
木に挟んだり屋根に挟んだりもナシやで!!

私、一回えべっさんで 飛んできた賽銭がコメカミにクリーンヒットしてすげー痛かったんや!

 

ほんで、お願いするときにも 神様に届きやすい お願い方法があるから、これまた次にでも。

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿