今日はオラクルカード講座でした。生徒さんは独学で使っていて なんとなく読んでいるけど「ふーん」で終わっちゃったり、質問と答えが繋がらなくて「???」となることが多かったそうです。

 

オラクルカードもタロットにも言えることですが、カードは読み手にとって一番解りやすい伝え方をしてくれます。その為、きちんと読めるとメッセージがガツンと来ます。

そんな時のリアクション。

 

カードに向かって 「あ、はい」。って言うしか無いのよ!!

 

むしろそうなったらキチンと読めているという証拠。

 

IMG_9864[1]

(的を射すぎていて 呆然とする生徒さんの図。)

今日の生徒さんは、何回も何回も同じカードが頻発し驚いておられましたね。これもよくあります。それだけカードが伝えたいことがある、ということ。

 

オラクルカードは意味を覚えないと!と思う方も多いのですが 全文きっちり覚えるよりも ポイントを抑えて覚えるほうが良いですね。あとは何回も引くことで自然に覚えます。

そして、絵や視線からもメッセージがくるので そこをどう置き換えて読むか、もコツです。そのコツについてお話したところ、目からウロコが落ちて、最後には「カード面白い!」と仰って帰られました。

 

 

カードリーディングは、カードの声をしっかり聞くこと。会話と一緒。

解説書読んで伝えるだけではダメ。カードの声をしっかり聞き取ることが大切なのです。

 

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿