ap00-149-1024x768

私 朔旦冬至の日に やっちゃいました・・・

冬至と霜月朔日が重なる、新しいサイクルの始まり、朔旦冬至。
この日、私は 普通に仕入れをしていました。

仕入れが終わって、事務所に向かうときに
後ろの人(守護霊さんの一人)から

「○○デパートへ寄って行きなさい」

と言われました。
(標準語で書いていますが、実際は寄って行きなはれ」って言われました)

このデパートは、私はめった利用しないので
? となりながらも、寄ってみることにしました。

デパートの中を、後ろの人の誘導に従って進むと

あるショップに辿り着き。

入って、ひと目で うわーーー! となったのです。

そう、お財布を見つけました・・

プライベート用のお財布が、そろそろ傷んできてしまったので
買い換えたかったんです。

手にとって、値段を見て

「安っ!」

ダメです。

これは買ってしまわないといけないフラグです。

持った感じもしっくりするし、なんか落ち着くし・・

トドメが、お店の人の

「今朝入ったばっかりで、在庫はこれだけですー。」

・・・

・・

お買い上げ~

解説しますとね、お財布は 自分にピッタリのものを見つけた時に
その人のパターンっていうのがあるんです。

ドキドキする人、これやん!って解る人
あー、これやなあ・・って思う人。
私の場合は

「うぉっ!出会ってしもうた!もうあかん!!」

というのが、出会いのパターンなのですね。

そして、思っていた値段より安いと感じてしまう時は
そのお財布に値段以上の価値を感じているということ。

最後に、ラスト1点。

これは時期的なものもありますが、大体の場合
「あなたを待っていました」のサインだったりします。

勢いで買ったので、お財布仕込み日が大変でしたが
うまく年明けから、新しいお財布を使うことが出来ました。

お財布って、自分の財を守って増やすもの。

自分に合った色もですが、こういった感覚も
選ぶときには大切なのです。

その感覚を感じて確認するのが、お財布ツアーなのです。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿