5の付くお札 その後の話。

先日ご紹介した 「5のつくお札。」の話が何気に好評のようで
フェイスブックでは沢山のいいね!とコメントをいただいております。

でね、この「5のつくお札」どう呼んだらいいのか?

なんとなく、パターンが解ってきたので ご紹介したいと思います。

10338321_659219937460342_3471162126251354345_n

今まで、私が経験した「入手パターン」から考えると
5の付くお金は寂しがりや がポイントなんですね。

つまり、5の付くお金の話を話題にすると 集まってくるようなのです。

私の入手パターン

  • 「5の付くお札」の話知ってる?と ランチ時に友人と話してて
    お会計の時にお釣りでもらう。
  • フェイスブックのコメントに「話すといいよ」と書き込んだ後
    お支払いで5Zのお金をもらう。コメントして10分以内。
  • 間違って5Yのお金を支払ってしまう。その直後、ATMで出金。
    なんと、ATMから5Yのお金がこんにちわ。

通常のお釣り銭でも受け取ってます。

フェイスブックにコメントくれた人のパターン

  • お財布に1万円の5Zがあったけど、必要な生活費。
    お支払いしたらお釣りで2枚、該当のお金が返ってきたそう。
  • コメントして、数日後入手

もちろん、お財布を探して見つけた方もいました。

5の付くお札は寂しがりや。

自分の話題をしてくれた人の元に 来るのでは? 

奄海るかの仮説です。

このお札が欲しい!と思う方は お友達に話したり
5のつくお札の記事を、フェイスブックでシェアしたり
ブログで紹介していただいたり、コメントしたりすることで
呼べるかも知れません~。

ぜひ、お試しくださいね!

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿