私にとっての「占星術」。その原点。

さて、先日とうとう発売されました。

{53AC838B-3F43-4572-B690-EA0E26A72D19:01}

大人のマイバースデイ!!
1979年創刊、2006年に無期限休刊になるまで 占いについてを発信し続けた雑誌です。
占い好き女子なら、一度は手にとったことがあるのでは?

去年に引き続き 臨時復刊と言う形で発行されました。

大人のMy Birthday 愛と運命の占い2014年上半期 (ブルーガイド・グラフィック)/実業之日本社
¥590
Amazon.co.jp

大人になった少女たちへ! My Birthday (実用百科)/実業之日本社
¥1,260
Amazon.co.jp  こちらは去年のもの。

で、今年は占星術特集でしてね。
過去に連載されていた ルル・ラブア先生の占星術記事が載っていました。

その連載をまとめた本がこれ。

{099D6296-CFF6-44E6-854C-B0242ECE7ADF:01}

初めて買った占星術の本です。
初版昭和57年。私の本は昭和62年7版。
高校生だったのかな、このとき。

実は少しアンチ命術だったんですよねー。
「同じ誕生日・時間に生まれた双子ってどうなん??」
 ってね。
なもんで、計算で(手間がかからない)導くことが出来ない
タロットの方に、魅力を感じてしまってたんですよね。

この当時、何を考えてこれ買ったんだろうなー。
実例として芸能人を鑑定したホロスコープが載っているんですが
山口百恵とか沢田研二とか、すっごく時代を反映しています(笑)

で、ですね。
いま この本を買ってから20年以上経っているのですが
占星術を習っているのです。

その当時 感じていた疑問が、今になって解けていっている感じ。
まだまだ奥が深い占星術ですが、その一歩をこの年齢になって
踏み出せたことに感謝しています。

いやー、人生 何が有るか判らんわ(笑)

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン奄珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿