物事を見る方向。

物事には 見る方向があり、違う方向から見れば
異なって見えることが有る。

それは当たり前。

だが、違う方向から見る人を、否定してはいけないのだ。

あなたが正しいと信じていること
間違っていないと断言できることがあっても
他者にとってはそれが間違いだと感じることはあるのだ。

もし、他者を否定するのであれば
あなたが違う方向から見ていると判断する人から
あなたが否定され、受け入れられないであろう。

常に、中庸であり中立であること。
自分の信じているものが、盲信ではないのか
ほんとうに正しいことなのか、見極める目を持っていくこと。

自分の思考で考え、自分の足で立つこと。
それだけを考えること。

己のやったことは己に跳ね返る。
それをしっかりと、魂に刻んでおくことだ。

他者の正義が あなたを押しつぶすことがあるように
あなたの正義が 相手に押し付けることになることもあるのだ。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿