イーチンタロットの使い方って?

今日も検索ワードから。

「イーチンタロット 使い方」という検索ワードがありました。
イーチンタロットとは易、あの棒みたいなのを広げるアレです。

易は本来 筮竹と言われる棒やサイコロなどで結果である卦を出しますが
その卦をカードにしたものです。
なので枚数は64枚。

私の持っているイーチンカードは「イーチンデッドムーン」

  

I-Ching Dead Moon/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

この赤い四角が卦ですね。結果に当たる部分です。

で、この卦の内容で結果を見るのですが イーチンタロットの場合は
カードの絵柄でイメージリーディングしないほうがいいと 私は結論づけています。

なぜかというと、卦の意味が大事だからです。
卦をイメージして膨らませるのはいいんだと思うんだけどね。
デッドムーンの場合は独自解釈が多いので。

イーチンって 今眼の前に有る問題に対して 特に強いように感じます。
なので、今どうしようか迷っていたり、困っている問題に対してどうすべきか
ハッキリ答えを出してくれるでしょう。
いや、本当にバッサリよ、バッサリ。

質問しながら1枚1枚、問いかけて引いていく使い方が私は多いですね。
というより、一枚で終わってしまうことが多いなあ・・

難を言うのであればイーチンは今商品として出回っている商品が少ないこと。

I Ching/Lo Scarabeo
¥2,032
Amazon.co.jp

これすごくいいのに、中古で5万の値が・・・

I-Ching/著者不明
¥2,982
Amazon.co.jp
I Ching of Love/ I Ching Dell’Amore/ I Ching De.../Lo Scarabeo
¥2,273
Amazon.co.jp

この2つはまだ手に入りやすいです。

いずれにせよ、すっごく勉強が必要だなと感じたのを覚えています。
カードだけで易ができるのでお手頃ではありますねー。
易を実践されている方であれば、サイコロ一個あるとより良いと思いますよん。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿