ローズ・メビウス・プログラム ご感想をいただきました
ご感想をいただけたのは 氷雪さん。

ブログよりご紹介させて頂きます。

11月1日、大阪の奄海るか先生のローズ・メビウス・プログラム・ハートウィングを受けました。

風邪で寝込んでしまって、一か月以上遅れてしまったのですが
気を改めて報告を書いてみたいと思います~。

私はハートウィングの他に、
時間があったら何かもう一つ、とお願いしていたので、
初めに何がいいのか、カウンセリングから入りました。

ところが、私があまりにも真剣味が無く他人事みたいなことに
るか先生が心配してくださり、
まず、どうしてそんなに他人事なのか?を探るカウンセリングになり、
そこからハートウィングにつながりました。

カウンセリングで、
到底受け入れ難い私の姿を、
るか先生が、ひょい、とピックアップしてくださいます。

「ええええええ~~~~!!!」

驚きながらも、
自分の中でカタカタカタっと認識を組み替える音がしてました^^;
ローズ・メビウス・プログラムが始まる頃にはまな板の上で〆られた魚状態^^;

そして、私が今「余生」状態であることを突き詰めたことで
ローズ・メビウス・プログラムへの道筋が通ったようです。
私は
「余生」をやめて実人生を生きるために、ハートを開いてもらうのです。

まず、椅子の向きを自分で選んで、
大人しく座って、用意された薔薇にここで気が付きました^^;

ピンクです。白っぽい花びらの端が濃くなっているやさしいピンク
るか先生は、今日は愛情の問題だと思いましたとおっしゃいます。

そして薔薇をかかげて、目を閉じて、深呼吸を促されます。

薔薇の花が、あちこち動いているような音がかすかに聞こえます。

そして目を開けて、椅子の向きを直してお話を伺います。

小さな女の子が泣いているそうです。
母親が入院したため、父親といっしょにいて、
母親がいないことが寂しくて寂しくて、泣いているそうです。

その場では、泣いている自分に思い当たることが出てこなかったのですが、
「余生」に入った原因の大きな挫折とともに、
後日、風邪で寝ている間に思い出しました。
それも大きなことなので別記事に書きます。

とにかく、その場では泣いている時期や原因はわからないまま、
また、カウンセリングみたいなことになりまして・・・。

お話しているうちに、
私は仕事が好きで、作家ではない、というようなことが出てきました。
自分では、その通りのことなので、当たり前なんですが?という感じでしたが
るか先生はすっごく納得されてました。
今思えば、世間一般と自分との齟齬、みたいなものを
見せていただいたような気がします。

そして、私は仕事をやっていれば愛情の問題に向き合わなくてOKてことになり、
私に合わせた仕事の取り方を伝授していただいたきました。
これが、今までと打って変わって、
わっかりやすーーーーい!!!Σ(・ω・ノ)ノ!
御用聞きに徹しろ、女優になりきれ!
って、今までの私からは考えられないけど、
言われて見ればそういう面があるし、向いてると言われたら、そうかも。

なるほど。
今までどこで聞いても読んでもピンとこなかったのは、
自分に合わないやり方だったからなのね~~~(;´▽`A``

同時に、仕事をもらえる自分になるために、
図書館でいっぱい指南書を読んで勉強するようにと、
図書館が一番本が多いし、お財布にも優しい♪
って教えていただきました。

具体的で実用的。
今の私に、一番欲しかったものだと思います。

明日から、図書館通って勉強して、
仕事ばりばりやる私になって、
実人生を生きるぞーーー!!!(>w<)ノシ

と、心にでっかい灯りをともして帰ってきたのでした。

るか先生ありがとう!
ありがとう、優しい、ピンクの薔薇!

翌日から一月も休んでしまったのは別のお話です^^;



丸々一ヶ月、体調を崩されていたそうです。

ご自身でも書かれていますが、氷雪さんは笑顔でニコニコされているのですが
自分のことが自分のことだという実感が薄く、その上自覚がなかったのです。
なのでヒアリング(カウンセリングと書かれていますが、私はカウンセラーではないので)を
じっくり多めに行なってからのセッションとなりました。

結果、意外な所に着地点があった感じですね。
ビジネス的なアドバイスは得意なのですよ。個性ってあるんだから、そこに合わせないと
やっても効果が出ないのですよね。

これから、自分の人生をしっかり楽しんでくださいね
氷雪さん、ありがとうございました

バラ ローズ・メビウス・プログラム 【ローズ・メビウス・プログラム】

一輪  ハートウイング

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿