「前向きであろう、ポジティブでいよう」と 頑張っている方もいらっしゃるでしょう。
確かに、いつまでも落ち込んで引きずってると いい方向には進まないですが
ポジティブにも罠があります。

それは 「事実や相手の意見を 自分の都合のいいように解釈していないか」 という点。


ポジティブ・前向きは 
自分の非をしっかりと受け止め 見つめ
そこから学びを得ることで

自分の都合の良いようにすることは

自分の判断基準、価値観で 物事の真意を捉えず 受け止められず、見ず

自分の枠に合わせようと力でねじ曲げてしまうこと。

ポジティブ、前向きに物事を捉えることと
自分の都合の良いように物事を歪曲することは雲泥の差なのです。
自分の非をしっかり受け止めないと、何も学ばず・学べません。
そして同じ失敗を繰り返す。特に対人関係で起こります。これには他にも理由はあるのだけど。

あなたがやっている前向きは、本当に前向きなのか?よく見つめて下さい。


								

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿