チャネリングとはどういうものなのか?

チャネリングとは
高次の存在・神や守護霊などに回路を合わせて、メッセージを受け取ること。
回路を合わせる=チャンネルを合わせる=チャンネリング→チャネリング。

チャンネルを合わせる場所はチャネラーさん毎に異なります。
情報を引き出す存在であったり、場所が違うのですね。
また、メッセージの受け取り方もそれぞれ異なります。
言葉で受け取ったり、イメージで見えたり、自動書記もそうですね。
そして、メッセージはチャネラーさんの言語野に依存し、変換され伝えられます。
これは神様が外国の神様でも、日本語で受け取るということです。

チャネラーさんごとにメッセージの受け取り方が異なるのは、ラジオのようなものなのです。
合わせるチャンネルによって内容は異なりますが
同じ「音楽」を受け取るという意味で同義、というイメージをしていただけると解りよいかと。

私の場合、チャネリングをすると顕著なのが 「話の内容が柔らかい」のですね。
それは繋ぐ相手にもよりますが、女神の皆様は大体優しいので 言葉も丸いのです。
また、繋がる方によって声のトーンと話し方がまるで変わります。
これは自分で音声の録音を聞いて、驚いたくらい。

そして、何より私は「その人に必要なメッセージを必要なところから降ろすだけ」なので
内容を伝えた後はさっぱり覚えていないのです。
だって、私はパイプのような役目なんだもん。

チャネリングは不思議なのですが、本当に必要なメッセージが来ます。
私個人は意味が解っていなくとも、あなたには解る・大切なことが来るのです。
すっごいしょうもない内容(野菜食えとかね)もあったりするけど。
幸せになるためのアドバイスを送ってくれるのですよ。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿