今日はスピリチュアルどっぷりな話をしよう。

スピリチュアルな事に関わっている人には
特に読んで欲しい内容だ。

 

2018年2月3日、日本の運気の流れが変わった。

日本は龍の形をしている国、と言われている。
そして龍の住まう国、と言われるのもそのためだ。

この龍には諸説あるが、どれにも共通するのは
日本を流れているエネルギーそのもの。

 

そして私たち、日本に住まう者には大なり小なり
何らかの影響を受けている。

この龍の頭の位置が、九州から北海道に変わったのが
2018年2月3日なのだ。

 

実はこういう話を、あまり書きたくなくて
今までずっと避けてきた。

 

でも去年の秋頃から、時代がどんどん
変化している事、更に2018年になってから
より大きな流れであり、うねりが来ている。

多分これからも変わっていくのだろう。
私自身のためにも、記しておく。

 

龍の頭の位置が変わる事で、何が起きはじめたのか。

それは二極化だ。

 

二極化自体は悪い事ではない。

強い光を物体に当てると、強い影ができるように
何かがあれば、その反対のものも生まれるのは
宇宙の理として、至極当然のことだ。

 

だけど2018年に起きていることは
そういった類いのものではない。

 

今まで影に隠れていたものが、見つけられる。

今まで隠されていたものが、あぶり出される。

今まで見えていなかった事が、見える。

 

いわば人の道に沿っていない事を
行なっている人が白日の下に晒されるのだ。

 

騙してお金を搾取していた人は
その対価を払わされるだろう。

脅していたり、誹謗中傷する人は
やっていた事が露呈するだろう。

妬み、羨んでいる人は
その妬んでいる対象から
どんどん距離を開けられるだろう。

 

自分のやって来た事が、他人の知るところとなる。

 

そしてその対価は、色々な形で払わされる。

現実的なところから、スピリチュアルなものまで。

2018年とは、そんな時なのだ。

 

もちろん、今まで努力してきたり
頑張ってきた人は、評価されることになる。

だけど、2018年はスパルタの年なので
少し気を抜くと、運気の流れに乗り遅れてしまう。

上手くいっている人も
呑気にはしていられないのだ。

 
恐ろしく感じることを書いたかも知れない。

でも、当然だが回避策はある。

 

その方法はこの5つだ。

  • 自制心
  • 驕らない
  • 調子に乗らない
  • 自分で考えること
  • 自分で責任を持つこと

 

まず最初に自制心。

スピリチュアル業界は、適正価格があるようで
明確なものはない。

自分が決めて出せば、それが適正価格だからだ。

しかし欲に溺れて、価格を吊り上げたり
実態が伴わないのに、高額を請求するなどは
絶対に避けないといけない。

自分の適正価格はいくらか、ちゃんと知ることだ。

もちろん、支払うものもしっかり支払うこと。
所得隠しなど、もっての外。

 

次に、驕らない。

自分の能力が高かろうとも、相手を見下さない。

また、能力が高い他人を貶めようとしない。

自分以外に素晴らしい能力を持っている人は
世界には溢れているし、絶対にあなたが敵わない
能力を持っている人がいることを、忘れてはならない。

あなたは自分自身の神ではあるが
宇宙の全能神ではない。

 

調子に乗らない。

調子に乗ると、どうしても足元が浮ついてしまう。

その場の勢いで物事を決定したり、優先したり。
そしてあとで後悔する、の繰り返し。

下手をすると、他人に足を引っ張られたりする。

慎重になれ、というのではなく
何事もしっかり検討すること。

そのために必要な事が次の項目だ。

 
自分で考えること。

今の時代はとても便利だ。

パソコンやスマートフォンで検索したら
サッと答えが出てくる。

だけど、出てきた答えは一つではないし
どれが正しいのか、迷うこともあるだろう。

そして、サッと答えが出てくるものに
慣れてしまうと、自分で考える力が低下する。

考えるよりも検索する方が早いからだ。

 

それも解るが、自分の生き方や人生を
どう進めていくか、そのために何をするのかは
検索では出てこない。

だからこそ、考えなければいけない。

 

そして最後に、自分で責任を持つこと。

責任は持つものであり、背負うものではない。

これからの時代は自分のやったこと、行いが
まるでブーメランのように返ってくる。

ブーメランは当たると痛いし、刺さると痛い。

だからそうならないように、投げるときも意識して
返ってきたとしても、受け止められる自分に
なっていかねばならない。

 

 

自分自身のやったことの対価は
自分で払うのは当たり前だ。

あなたがコンビニで買い物をしたら
レジで「◯◯円です」と言われるだろう。

そしてその分の代金を払う。

 

対価の仕組みはこれと同じだ。

そこにたまーーに利息がつくだけ。

だから責任という言葉に怯えないで欲しい。

 

こうやって長々と書いたのは、ここ最近本当に
色々な出来事が、私の周りで起きているからだ。

それはまるで、時代が人をふるいに
掛けているかのように。

時代には情状酌量がない。

そこについていくためには、私たち自身が
時代に合わせて、変わっていく必要がある。

 

そして私も、そのふるいに掛けられないよう
気を引き締めて、誠実に真摯に自分に出来ることを
やっていかねばと、強く思うのだ。

 

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿