嫉妬は賞賛でありラブレター。

嫉妬はネガティブな他者評価だから。

 

言葉はネガティブで攻撃的だけど、そのベースには

 

 

「私には出来ない事をやっているあなた、凄い!」

「私にはこんなの思いつかなかった!凄い!」

「あの人いつも幸せそう・・!」

「なんで上手く行っているの?」

 

こんな 羨ましい 素晴らしい と感じる気持ち。

コレが無いと嫉妬になんて育てへん。

でも この段階だけでは、嫉妬にならへんのよ。

よーし私も頑張る! そんな成長のバネ、発奮材料に出来るから。

 

この感情に「悔しい」「ずるい」を加えて混ぜます。

更に 「のび太のくせに」的な 見下しの感情をプラスして 初めて嫉妬になるんよ。

 

でもこれ、嫉妬されるほど あなたは 周りにはハッピーやって思われてる。

幸せやって思われてるってことやん。

 

羨ましい、悔しいと思うなら、やってみたら? あなたも出来るよ?

楽しそうでいいね? うん、楽しいもん。

なにも考えてないでしょ? 難しい顔が表に出てないのね! やったー!

可愛いと思って調子に乗るな。 ありがとう! 可愛いって思ってくれるのね!

 

こんな感じで行こうで。

 

嫉妬は「あなたが羨ましい」ってネガティブな告白やねん。

嫌いやったら無視するやん。わざわざ自分の時間使って、構いに来んねんで。

 

でも疲れる、そんなあなたは もうさ。

 

 

 

ノンスタイル井上 目指そうぜ!

 

こんな返しできるの素晴らしい。

 

呆れるほどポジティブで、ハッピーになろうぜ。

だってホンマに 私ら幸せやもんな!!

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿