今日はちょっと霊関係の話。怖い人は明るいうちに読んでな!

 

ちょっと前の話。Facebookのコメント欄でのやりとりで

あたしは少し前に見えるというオバサンに

【あなたの左足の膝下に真っ黒な小さい男の子がずっとしがみついてる】と

言われました( ̄▽ ̄;)

こんな話になったん。

 

この真っ黒な男の子の正体、私 知ってるで?

 

彼の名は

 

 

「膝こぞう」って言うねん!(笑)

 

膝って角質のお手入れせんと真っ黒なるよな!!(笑)

 

・・・ってこの場では笑いになってんけども 私が このやり取りで カチンと来たことがあってな。

 

・ 見えるというオバサンに言われました

この人の「見える」が本当だったとして、勝手に相手を見て しがみついてるって言うたんちゃうんか?

見てってお願いされてないのに、勝手に見るのは 自分の自己満足であって
ただの、覗き見。出歯亀や。まあ、こんなコトやってたら色々失うねんけどな・・

因みに、霊能者として仕事をしてへん人で 自分から「見えるんです!」って言う 見える人私 見たこと無い。私も「見えます」って敢えて言わんなー。聞かれたら言うけど。

 

 

・ 左足の膝下に真っ黒な小さい男の子がずっとしがみついてる

これがもし、ホンマやったとしてもさー もっと言い方あるやろ。

こんなビビらす言い方して、どないしたいんや?

 

相手を不安にさせて、言いっ放しで、何もしない。

それは 心を扱う仕事、見えない世界に関わる仕事では やったらアカンことや。

 

こういった事例って、ヘタするとこうなるんやで?

「何とかしてもらえますか?」

「私には力がないから 祓うことは出来ないの でも私の先生なら」

「お願いします!」

この後はご想像にお任せするけど、こういったやり方はある。

 

 

現実も見えない世界も、こっちが聞いてへんのに言うてくるんは
小さな親切大きなお世話やねんな。

 

素人が中途半端な事すると、えらい目見るぞ、この世界。

 

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿