撮影キット「フォトラ」レポです。

商品やアイテムは専用ブースや照明を用意した方がいい・・と解ってても
「かさばる」「場所がない」と躊躇しててん。

そんな時、たまったま発見したのがフォトラ。

http://www.photola.co.jp/

 

「テーブルがスタジオに」

「2分でセッティング完了」

「本棚に収納可」 とのこと。

 

気がついたらポチってた。

 

待つこと2日。到着ー。メーカー直送だから早いね!

IMG_0957[1]

上についてる封筒は納品書と領収書が入ってましたー

 

IMG_0958[1]

開けるとCDと段ボール。

この段ボールは梱包やなくて、撮影台になるから捨てないように気をつけて!

 

ダンボールを取るとこんな感じ。

IMG_0959[1]

本体×2、電球。手前は背景用紙。背景用紙を固定するクリップとディフューザーまで付いてるから、届いてすぐ 撮影することが出来る。

 

本体。これが2台でワンセット。

2灯撮影は 被写体全体に光を回し、影を消しつつ立体感を増すんよね
水中写真もそやったなと、今思い出したわ。

 

IMG_0960[1]

 

フタを開けて電球をセット。

フタも光量を調整できるように、角度つけれるようになってる。

電球をセットしたら拡散板をつける。上の電球が写り込んでる。

IMG_0961[1]

 

 

背景用紙をセットして 左右にライトを置いてセッティング完了!

IMG_0964[1]

早速テスト!

 

被写体 私のブレスレット

カメラ canon EOSKiss X4

レンズ canon 50ミリマクロレンズ

三脚で固定、絞り優先・絞りF5.6、ホワイトバランス 0。

ホワイトバランスデータ未取得。ストロボ発光無し。

北側の窓はカーテン無し、自然光が入る環境。部屋の電気を消して撮影。

 

テスト結果はこちら。

 

無点灯、自然光のみ
1IMG_7484

 

 

左側のフォトラのみ点灯
1IMG_7485

 

 

左右のフォトラ点灯
1IMG_7486

 

 

見た感じに近いのは左側のみ点灯かな。
左右点灯すると 商品って感じになるね。

 

更にテスト。

左側のフォトラ対角線上に 向かい合わせになるように 右側を移動。1IMG_7487

 

そこに白いディフューザーを装着。
1IMG_7488

ディフューザーありだと影が柔らかくなってるねー。

 

 

1IMG_7492 1IMG_7493

商品撮影ぽく。青被りしてるのは、私が横着したせい。

 

 

フォトラは横にして、上に商品を置くことも出来るので 実験。

まずは白ディフューザー。

1IMG_7497 1IMG_7498 1IMG_7499

 

うん!失敗!!

これはもう一台のフォトラを上から当てるか、ストロボ発光ありにせなあかんね!!

メインのツートンはハッキリ写ってる。

 

 

ディフューザーを黒にして同じように。

 

 

1IMG_7505 1IMG_7507

 

お?これはいい感じやん?写り込んでる石がまたいい感じ。

 

 

商品撮影するとこんな感じに仕上がったよ。

IMG_7519

 

IMG_7522

 

カメラがいいからちゃうん?

そう思うあなたに iPhone6で撮ったやつもあるでー

 

IMG_0965[1]

 

うん!満足できる仕上がり!!

背景用紙は五種類あるけど、テストはグレー・本番は黒を使ったわ。
この他にピンク、ブルー、ブラウンで白文字英字新聞風がついてた。

背景用紙を布や革に変えれば、また雰囲気変えて撮影できると思うわ。

 

フォトラの良い所、片付けがラク。

絡みがちなコードも本体収納出来るねん。

IMG_0963[1]

 

ディフューザーを外して、蓋閉めて、コード巻いてポン。で終了。

カラーボックスにピッタリ収まる省スペース。

 

難を言うなら、ディフューザーが下敷きのような素材でホコリめっちゃつく・・!

静電気除去グッズ、あったほうがいいかな。

 

いやー、めっちゃ満足な結果になりました。あとは撮影の腕上げよう。

 

http://www.photola.co.jp/

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿