※ 写真はイメージ画像です  記事内容とは一切関係ありません。

このブログの検索ワードで、とても多いのが「合う土地 合わない土地」という単語。

そんな土地の相性の話です。

 

私たちが住んでいる場所、家・住居。これって地面、大地、土地に建ってるものが殆どよね。

んで、土地にはエネルギーが存在し、その影響を 家と住居、住人は良くも悪くも受けてまう。これが「土地が合う・合わない」理由。

 

勿論、エネルギーだけじゃなく 現実的な影響を受けていることもあるで?

高圧線が近いところや、高速の近くなどは あまり良くないって言われたりするよね。

 

そういった状況を差し引いたら、霊的な影響ってのが残るねん。

 

家の魂である、家魂も影響するけれど、それより大きいのが 土地のエネルギー。

これは住む人に影響を与える。霊道が通ってたり、土地そのものの影響が大きいのね。

良い影響であれば、運が上がる、良い事に恵まれるなんかで、悪い影響の方は、運が悪い、体調を崩しやすい、などの体調不良が置きることがあるねん。

 

そんで、悪い影響を与える土地には「そうなった理由」があるのよ。その理由はとても様々。

 

その半分が人為的なもので半分が自然なもの。

 

わかりやすい話だと、人為的なものは 古戦場、古墳・墓地跡とかね。自然のものは気の流れや影響とかね。勿論他にも、そうなる条件はあるよ。

その上に人が住めない土地、触ってはいけない土地っていうのもあるのよねー。

 

この土地の見分け方、非常に難しいのよ。

住宅を選ぶときに、暗い・怖い・嫌な感じのする部屋はまず選べへんよね?

そやけど明るく・採光もよく・綺麗な家であったとしても、悪い土地に建ってること、よくあるねん。都内のオシャレ系エリアにも、処刑場跡があったりするしねー。

 

なので、霊視鑑定で原因を探るのね。

 

いずれの場合も、霊的アプローチを掛けて解消するねんけど、解消できないモノもあり、その場合は引っ越したほうが早い・・ってなるの。

 

 

で、一概に合わない土地といっても、家族全員が全員影響があるわけでなく

「男性にだけ」「女性にだけ」影響がある土地もあるんよね。

 

そういった場合、奥さんは元気やのに、旦那さんが不調 っていうことも起こるねん。

皆さん、直ぐには気づかれないんやけど、なんとなくおかしいと思って、ご相談に至るパターンが殆ど。

 

 

もし、お引越しを考えてるんやったら、土地の歴史を調べたり、夜、新居の近くを見に行ったり 雰囲気の暗い所を選ばない(北向きでも、空気の明るい家はあります)ようにしてな。

 

もし、今いる家の居心地が悪くても 引っ越せない場合。

お家や土地のエネルギーを浄化するセッションを使ってみて。

 

家は、人を休め 整えてくれる場所。

それが良い状態でないと、休まるものも休まらへん。

こういう事があるんだよー って知ってもらえると嬉しいな。

 

どっとはらい。

 

併せてこちらも読んでみてねー!

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿