昨日、ネットで見つけた言葉に ちょっと感心しておりました。

それは

「誤解されやすい」と、誤解されている本人が話している場合
「本当の私を理解しない周囲が悪い」と言う、自己正当化である

と言う内容でした。

確かになあ。

誤解されるには、誤解される理由があって
真に自分を理解してもらうには、自分を変えることであって。

この変える部分には 「言葉」「態度」「見た目」もですが 「性格と根性」もあります。

言葉と態度は解ると思います。
物言いと仕草を変えるだけで良いから。
見た目はファッションがどうかではなく「清潔感」。
綺麗に洗濯した服でも、小汚く見えるものってのはあるから。

見た目が一番改善し易いです。
解り易いから。

言葉と態度が次に苦労しますが、これも解り易いのですね。
想っている事がちゃんと伝わるようになるから。

しかし、ここまでやっても改善されない場合「性格と根性」を変えなければいけません。

難しいように思えますが、スタートは 考え方を変えることからなのですね。

言葉と態度って 表面上で取り繕う事が出来るのですが
所詮は上っ面。
慇懃無礼という言葉があるように、丁寧に言葉を使っていても
失礼に当たる場合もありますよね。
「上から目線」「偉そう」もこれと同じ。

なぜかと言うと 内面は何をやっても 外側に滲み出るからです。
言葉や態度の端々に。

取り繕っても、隠せないものが その人の本質なんでしょうね。

iPhoneからの投稿

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿