知るということ

知るということは、光だけではなく 闇の部分も知るということ。

火が熱いから触ってはいけないということは
子どもは教えられないと知らないのです。
教えられず火に手を突っ込んでしまえば 当然火傷をするのです。

痛い目に合って、次からしないのも方法ですが
知っていて回避することが良いこともあります。
無知はそれだけでマイナスになることもあるということ。

私たちの理解を超えたこともあるということ。
人間の力では難しいこともあると 知っておいて下さい。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿