言葉で伝えることの大切さ。

チャネリングメッセージで言葉についてのメッセージが来たので
私なりの考えを書いておきます。

言葉って何のためにあるのか。

相手に思いや意思を伝えるため なんですよね。

自分の思いを声帯を使い、空気を震わせて波動に変えて 口を出て
空気で出来た、思いの宿る波動を相手に伝えているのです。

なんだけどもさ。

言葉も的確な選び方をしないと、相手に伝わらないのです。
そして、伝えたいポイントをぼかして言ってしまったりすると
相手もどうしたらいいのか解らなくなったり
思いがしっかり伝わらないということもあるのです。

自分の心を、どれだけ相手にオープンにしているかどうか、もあるのですが
本当に自分が相手を理解し・自分のことを知ってもらいたいのであれば
言葉による話し合いはとても大事な事なのですね。

「伝えなくても相手は解ってくれるだろう」と
 期待するのは間違いです。

相手もエスパーじゃないんだから。
自分の思いが勝手に伝わることなんて無いんです。

あなたが考えていることや価値観、思いなどが
100%一致する人間なんて存在しません。

同じような思いや考えを持っていたとしても
大元・前提が違うこともままあります。

「こうしてくれればいいな」が伝わる率は本当に低いので
言葉でちゃんと解ってくれるように伝えるのが必要だと思うのです。
「こうしてほしい・ああしてほしい」が言葉なしに伝わるのは
幼児だけではないのかしら。

ただ、ちゃんと言葉で伝えられる能力を持っていて
それを使わないのは、恐怖もあるでしょうが
甘えもあるんだと思うのですよ。

だって、相手が解ってくれるなら 自分が伝える努力は
しなくてもいいんだもの。
相手が解ってくれるなら、自分は傷つくことがないんだもの。
相手が解ってくれなくても、それは相手のせいなんだもの。

でも、それで本当にいいのかなあ。
自分の心が伝えたがっている思いをちゃんと伝えずに 後悔するより
伝えた上で、自分も相手を理解しようとする気持ちを持ち
相手の意志も確かめること、お互いを尊重すること。
そうやって向き合っていくことが必要なんじゃないのかなあ。

そのために、言葉ってあるんだと思うのです。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿