五行大義

今回、お正月の課題図書はこちらでした。

癒しと救いの五行大義 ―現代の占技占術を支配する「陰陽五行の秘本」を読み解く/稲田 義行
¥2,940
Amazon.co.jp

五行大義とは、随の時代に書かれた書物と言われ 中国に伝わる
陰陽五行に対する理論をまとめた本なのだそうです。
今まで日本では全釈本のみ(漢文だそうですよ)で
それが解りやすく開設されたのがこちらの本です。
安倍晴明が熟読したのも五行大義だそうです。

さて、筆者の稲田さんの本。こちらも持っています。

超雑学 読んだら話したくなる 幸運を招く陰陽五行/稲田 義行
¥1,365
Amazon.co.jp
陰陽五行は、東洋では全てそれで成り立っているとされており

ある意味全ての基本であり理であるのではないかと思うのです。

言魂タロットも五行がありますからね。

こちらが易しく平易に書かれてはいますが、五行大義も物凄く解りやすく書かれています。
まず五行から始まり、十干十二支、陰陽五行、五行相生論。
その上で五行大義と四柱推命や算命学との関連・実占についてまで記載されています。

で、稲田さんは「占いで癒しや救いを与える理論が五行大義にある」と
「こうしたらこう幸せになりますよ」という導きが、五行大義で可能だと書かれておられます。
なのでタイトルに「癒しと救い」が入っているのですね。

一度自分でちゃんと占断してみたいと思います。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン奄珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿