見えない世界を信じること、疑うこと、どちらも必要。

見えない世界を信じること、疑うことは
相反するようですが

見えない世界に触れる、係るときには
どちらも必要なこと。

 

 

私のように、見えないものを見る力や
聞こえない音を聞く力がちょっと強いと
見たくないものまで見てしまうことが
ままあるわけです。

 

だから必要な時以外は、見ないよう
聞かないようにしています。

これが出来るから、プロでもあるわけで。

 

そして、なぜ疑う必要があるのか。

 

それは、ネガティブな存在

あなたを操ろう、取り込もうとする存在が

あなたが見たいものの形を使ったり
あなたが感じたい存在、そのものの振りをして
言葉を伝えてくることがあるから。

 

 

解りやすく言うと
娘のふりをして化かす狸とかね。

 

旅人が迷っていると、目の前に民家が現れる。

そこには綺麗な娘がおり、ごちそうを振舞われ
用意された暖かい布団で一晩を過ごす。

翌朝目覚めると家はなく、布団は葉っぱ
ごちそうだと思っていたのは泥団子。

 

例えるならばそう言うこと。

 

見えない世界の方から
あなたにアクセスがあった時。

 

それらが間違いないものなのか?

しっかり確認する必要があるのですよ。

 

いきなりメッセージが来た!

見えない世界の存在が見えた!

 

そう思う出来事があったとしても
鵜呑みにしてはダメなの。

 

全部を疑え、って訳ではないけど
全部信じろ、ってことでもない。

 

それはメッセージに矛盾点があった時や
自分を不安にさせるメッセージなどが来たとき

また、あなたが選ばれたとか
あなたを見込んで、と言うようなメッセージも

 

本当に正しいのか?

まずは疑って掛かる必要があるのです。

 

正しい、とはどういうことか。

 

それは内容が正しいのかではなく

あなたが正しいかどうかでもなく

 

あなたが思っている発信元かどうかってこと。

 

 

あなたにメッセージをくれている存在は

 

守護霊なの?

ハイヤーセルフなの?

スピリットガイドなの?

天使なの?

宇宙人なの?

神様と言われる存在なの?

 

どこから送られたメッセージなのか

誰からなのか、確信している?

 

このことはチャネリングや
メッセージを受け取る方法を
習うときには教えてもらえる内容なんだけど

独学だと確信しても間違うことがある。

 

そんなときに思い出して欲しいのは

 

守護霊やガイド、ハイヤーセルフなどの存在は

「こうしなさい」と、アドバイスはくれるけど

 

脅すようなことや、不安になるようなこと

あなたは選ばれた存在だよ、なんて話は
しない、ってこと。

 

大体、あなたを護るべき存在や、助ける存在が

 

なんであなたを不安にするようなことを言うの?

なんであなたを怖がらせるようなことを言うの?

 

また逆に

あなたの道を決めつけるようなことは言わないし

あなたを振り回すようなことは言わない。

 

どれだけ啓示のように感じても

どれだけ神託のように感じたとしても

 

見えない世界の方からアクセスしてきたら
まずは疑うことから始めよう。

 

自分から見えない世界にアクセスしたら
どういった存在なのか、確認しよう。

 

スピリチュアルなことでも、鵜呑みはダメだよ。

自分の頭でしっかり考えて咀嚼することが大事。

 

娘だと思っていたけど、本当は狸だった。

そんな事が見えない世界には溢れてる。

 

だからこそ、見極めることが大事なんだよ。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン奄珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿