私はあなたの記憶の中で 、永遠に生きている。

「公開ミディアムシッティングin仙台」
先日開催しました。

公開ミディアムシッティングについては
こちらをご覧くださいね。

あなたは霊視を、目の前で見たことがありますか?

 

この時期なので、人数に対して
大きい部屋に変更していただきました。

そして私も飛行機が欠航したため
神戸から飛び立ち、仙台入り。

開催時刻とほぼ同時の会場入りでした。

 

仙台は去年もちょっと
イレギュラーがあったのですが

今回も面白い出来事が!

 

通常は、会場にいる人に関係する
霊しか来ないのですが

会場にいる人の身内の方に
伝えたい霊が来たんです!

 

こんなことは私も初めて!

 

当日会場に来られた方へ

一番最初のお話はやはり
その方の関係者だったそうです。

 

そして今回、とても印象的だった
霊からのメッセージ。

 

「覚えていてくれたから
思い出してくれたから

私はあなたの記憶の中で
永遠に生きている」

 

 

人の命は、魂が肉体を離れた時点で
残念ですが終わりを迎えます。

ですが、この世に残った人が
亡くなった人を思い出すことで

その人は私たちの記憶の中で
永遠に生きる事が出来ます。

 

この世に生きている人が
亡くなった人の事を思い出す。

これが、霊となった人には
とても嬉しいんですって。

 

関係性が薄かったり

過去に付き合いのあった人で
今は連絡が途絶えてしまったり。

そういった関係ってありますよね。

 

ですが霊となった人は
遠い関係、疎遠であった人が
自分のことを思い出してくれると
とても嬉しく感じるんです。

 

ああ、覚えていてくれたんだ

私の死を悼んでくれるんだ

 

ありがとう

ありがとう

ありがとう

 

そんな思いを、感謝を

私を通して伝えてくれるのです。

 

「思い出すのは何よりの供養」

 

常々私は、そんな話をします。

 

生きている人が思い出すことで
亡くなったあの人は、元気な姿のまま
永遠に生き続ける。

素晴らしい笑顔で
私たちに話しかけてくれる。

 

それは記憶だけではなく
亡くなった人は今も
笑顔で過ごせているからなのです。

 

あの人は、あなたの中で
永遠の命を持っている。

 

だから私達は
亡くなった人を思い出して
そして慈しむのです。

あなたの思いはあの人に必ず
届いているから。

 

そして同じように
あなたにもあの人の思いが
届けられています。

 

その思いを、言葉にして伝えるのが
私の仕事、ミディアムの役目なのです。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿