ビジョンや声で 自分の未来を受け取っても、信用してはいけない理由。

もしあなたが自分の未来や将来について
何らかのイメージやビジョンを受け取ったり

見えない世界に住む誰かが
話しかけているように感じたり

自分の将来のビジョンや
イメージが見えたり

見えない世界に住む誰かが
話しかけているように感じても

過信しないで細心の注意を払って欲しい。

 

それらは直感でも妄想でもなく
逆に、守護霊や霊からのメッセージでもなく

人ならざるものが
あなたを陥れようと
していることがあるからだ。

その理由について
お話ししたいと思う。

 

まず人は、自分の未来や将来を
自分自身で見ることができない。

 

これは一種のセキュリティとして
全ての人に対して存在し
自分自身に対して機能している。

 

なぜ、そのようなものがあるのか。

その理由は自分や身内の死を始めとした
未来に起こりうる、避けられない
宿命とも言える物事を見ないために、だ。

 

そして自分自身に近ければ近いほど
そのセキュリティ機能は高くなる。

つまり、家族や親族のことは見えづらく
特に自分の将来や未来は
見えないようになっている。

 

だからこそ、自分以外の誰かに頼ったり
占いというツールを使って

未来はどうなるのか、今後はどうなるか、を
伝えてもらうことになるのだ。

 

本来はセキュリティのせいで
見えるはずのないものを
見ているというのは
どういう状況なのか?

 

これは残念ながら
あなたが能力者であるからでも
優れた才能を持っているからでもない。

 

人ならざるもの、俗に魔と呼ばれる存在が
あなたに「作り物の未来」を
意図的に見せている事があるのだ。

 

未来を見せてくれるんだったら
いいんじゃないの?

 

そう思う方もいるだろう。

しかしそれは、作られた未来。
本来起こるはずのない未来だ。

 

人ならざる者の存在が
なぜそういった事をするのか。

 

人ならざるものは1人でも多く
自分のいる側、いわゆる魔の道に
人間を落とそうとしているからだ。

彼らは決して、良い未来を掴んで欲しい、や
幸せになってほしいと言う思いを
あなたに一切持ち合わせてはいない。

不幸の道に引きずろうとしているだけだ。

 

例えば、未来や将来が見えたり
聞こえた声の言う通りに振る舞って
良いことが起きたとしよう。

そうすると当然嬉しいから、また次も
見えたり声が聞こえたなら
その通りに行動するだろう。

そうすると知らず知らずのうちに
その何者かが見せる、語る
誘導された未来へと進まされてしまう。

そして見えたものや、聞こえた声に
依存してしまい、自分で考えることを放棄する。

 

問題はここからだ。

考える事を放棄した段階で
徐々に見えたものの通りにしたり
聞こえた声の指示に従ったのに
上手くいかなくなる事が増える。

徐々に徐々に、見えたり聞こえたりする
回数が減っていく。

 

そして最終的に、何も見えなくなり
何も聞こえなくなる。

 

その時にはもう
あなたの判断能力は奪われている。

そして取り返しのつかない状況に
なっていることに気づくだろう。

 

もちろん、あなたの守護霊が
この流れの途中で
警告をくれることもある。

 

だが、人ならざるものが魅せる
甘い未来と、守護霊が伝える警告と。

どちらを選ぶか、とすると
大体において前者だ。

だから守護霊があなたを止めたとしても
気づかないことが殆どだ。

 

もしあなたが、この記事を読んで
怖いと感じたなら。

自分が自分のことに対して
何らかのイメージやビジョンが
浮かんだり、声を受け取ったとしても。

まずは必ず疑って欲しい。

 

姿形が見えないものに程
警戒心を持つ必要がある。

そして、本当なのかどうか
検証、精査した上で

本物なのか、そうでないものかを
確認するのだ。

 

私は、私の未来に対して
何かが見えたり、聞こえたとしても
必ずスルーする。

 

神様からのメッセージを受け取る時もそうだ。

これらはある条件が重なった時に
メッセージだと確信できる。

だから何もない時に、いきなり向こうから
メッセージが来てもスルーする。

 

そして自分の未来が知りたいなら
自分で占ってみたり、他の人に依頼する。

私のようなプロでも、必ずそうしている。

逆に私のようなプロだから、とも言える。

 

私のやっている霊の声を聞く
ミディアムであり霊能者という仕事は
どうしても見えない世界に近い。

人ならざるものが住む
魔の世界にも近いのだ。

だからこそ、自分自身を守る必要があり
バランスを保ち続けることが必要なのだ。

 

もしあなたに対して

 

いきなり見えない世界の誰かが
あなたの未来について語り出したり

こうすればいいよと語ってきたり

良い未来のイメージやビジョンを見せてきたら。

 

逆にこの世がもっと不幸になるから
こうすれば良い、言うような
イメージやビジョン
メッセージを受け取った時には。

特に注意をしよう。

 

イメージやビジョン、声をそのまま
鵜呑みにしないように気をつけよう。

足元からすくわれないように。

人ならざるものに、利用されないように。

 

あなたが あなた自身で
未来を築き上げていくために。

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿