リーディングが上手くなりたい。

リーディングスキルを上達させたい。

そう思っているあなたに。

今日はびっくりするほど、リーディングが上達する
シンプルで簡単な、5つの方法をお教えしましょう。

 

このリーディング、とは どんな方法でも構いません。

サイキックリーディング でもカードリーディングでも。
占星術や手相などの、占いでも。

相手がいて、伝えるタイプのリーディングなら
この方法は何にでも応用できるはずです。

 

その5つの方法は

 

  1. 上手くやろう、と思わない。
  2. 自分をよく見せよう、と思わない
  3. 凄いって思われよう、と思わない
  4. 同業者が自分のもとを訪れた時に
    私の方が上手いに決まってる、と思わない
  5. 同業者が自分のもとを訪れた時に
    ビビらない、媚を売らない

 

この5つを守ることができたなら
あなたはとても良いリーディングが
出来ることでしょう。

 

これら5つが守れなかった場合。

あなたの態度は尊大になるか
ビクビクと怯えている状態になるでしょう。

クライアントの顔色を伺いながら
リーディングをして、受け取った内容を
伝えずに変えてしまうこともあります。

それはクライアントにとって
正しい、良いリーディングではありません。

 

リーディングをする時には、あなたの
自分がどうありたい、こう思われたいなどの
気持ちは全部捨ててください。

少しでもこれらの気持ちがあると
ロクなリーディングになりません。

なんでかって?

 

矢印がクライアントじゃなくて
自分に向いてるからです。

いいですか?

リーディングに必要なのは
目の前のクライアントに
いかに必要なものを届けるか。

これだけです。

 

あなたのエゴなんて
クライアントには邪魔で余計なもの。

ゴミと大差ないのです。

リーディングとは、自分がいかに
クライアントに対して向き合えるか。

自分の全力を使って、クライアントに
必要なメッセージを伝えることができるか。

そしてクライアントのために
自分のベストを尽くすことだけ、です。

 

私は自分が生徒として参加する講座でも
通常の個人セッションと変わらないクオリティで
ワークをやっています。

だって講座でベストを尽くそうとしないなら
仕事でもベストが出せるはずがないから。

 

クライアントは何かを求めて、あなたの元を訪れます。

そこであなたが、手を抜く楽さを
覚えてはいけないのです。

リーディングが上達したいなら

 

あなたの全力をもって
クライアントに向き合ってください。

 

クライアントのために、ベストを尽くしてください。

 

クライアントがどう思うか、で迷わずに
必要なことは全て伝えてください。

 

自分が受け取ったものは
全てクライアントに渡してください。

あ、でも言葉を選ぶことは大切ですよ。
言葉には気をつけてくださいね。

そうすることで、いつの間にか
リーディングが上手くなっているでしょう。
クライアントの反応で、解るはずです。

いつでも、どんな時も。

自分の力をしっかり、出し尽くしてください。

 

あなたは誰のためにリーディングをしているのか
忘れないようにしてください。

それがあなたが、私たちリーディングするものが
クライアントに出来る全て、なのです。

 

どうぞあなたの元を訪れて
笑顔で帰っていく人が、一人でも多く
増えますように。

 

合わせて読みたい! おすすめ記事

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿