こっちが普通にしているにも係わらず

 

上から目線で頼んでも居ない
アドバイスをしてきたり。

バカにするようなことを言ってきたり。

どうでもいいようなことで
イチャモン付けてきたり。

 

こういうこと、誰にでもあると思う。

 

ヒマか!! って思うし
多分実際に暇なんやと思うんよ。

だって、自分のことに集中してたら
他人に構ってる暇ないやん。

 

こういう暇な人 マウンティングする人
足を引っ張ってくる人の心理って
大きく違っているようで 実は同じ。

 

それは相手の心の領域に関係してて

 

相手が自分の領域を侵されると感じたり

「私のほうがお前より上じゃ!」と
相手があなたに対して感じたりすると

マウンティングゴリラと化すわけ。

 

自分の領域に入ってこないように

自分を追い越されないように

ゴリラはマウンティングするのよ。

 

足を引っ張ってくる人は

あなたが相手の領域から離れようとしたり

あなたが相手をしなくなったから
構って欲しかったり。

「あなたはスゴイ人ね」
そう言われたいために。

 

あなたが自分の領域から出ないよう
足を引っ張ってくるのよね。

方向性違ってきたら
合わんこともあるがな。

 

あとねー、完全に段階が違うのに
足を引っ張ってくる人もいる。

これは あなたを打ち負かすことで
自分がすごい人間やと思いたい人。

 

おるねん、こんなん。

別に あなたに勝ったところで
その人が凄いわけでもなんでもないし
そんな所で自己アピールして
どうすんの、って話。

 

 

この2つに共通する感情は

 

「恐怖」

 

追い越されるんじゃないか

奪われるんじゃないか

離れるんじゃないか

取り残されるんじゃないか

捨てられるんじゃないか

 

そんな事。

 

いや、あの。

 

自分のやってる事に自信があって
やる事しっかりやってたら
気にすることちゃうやん。

 

そして、マウンティングされたり
足を引っ張られると感じたなら

それはあなたが成長している証で
階段を上がっている時やから

相手に適切な対応をして
あなたは自分の行く道を行けばいい。

 

そんな暇な人に構っている時間はない。

見るべき方向を間違ったらアカン。

 

下を見るのでも、上を見るのでもない。

あなたが進みたい未来を見る。

ソレだけが大切なんやで。

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿