学びを深めるために使うものは
色々あるし、手段も方法も様々やけど
大まかに分けて 2つあると思うのな。

 

それは

 

自分のために学ぶ と

相手のために学ぶ こと。

 

お金のために学ぶのは前者ね。

私の場合やと、前者が自分が興味がある事
習得したいことで 後者はクライアントが
良くなるため、活かしていくためのもの。

 

どっちがいい、ってことではなくて
学ぶものの種類に差があるってだけ。

 

でも、相手のために学んでいるつもりで
自分のために学んでいる。

そう誤解しているパターンもあるねんな。

 

自分のために学ぶなら、そんでいいし
相手のために学ぶなら、より真剣に。

 

相手のために使うってことは その人の
人生なり何なりに影響与えるんやもの。

だからより真剣に、せなあかんのよ。

 

学ぶってことに際限は無いの。

いくつになっても学ぶのは大切やねん。

 

ただ、何のために。誰のために学ぶのか。

それはしっかりしておくとエエよ。

 

目標がぶれないために、もやけど
学ぶことが目的になって活かさないのは
ちょっと勿体無いからね。

 

学んだことは自分の身について
誰にも奪われないものではあるけれども
知恵は活かしてこその知恵って言うことも
知っておいて欲しいな。

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿