見えないものを仕事にする者。

それはスピリチュアルのもあるし
人の心を扱ったり、幅広い意味では
コーチングやコンサルティングも含むかも。

 

それらを仕事にするものが
忘れてはならない たったひとつのこと。

めっちゃ大切なもの。

 

それは 奉仕する、という心づもり。

 

奉仕、って言うと タダ働きのイメージや
ボランティアっぽイメージがあるかもね。

 

でも、そういうことやなくってね。

 

我欲に走るのではなく
自分の価値を下げること無く。

相手に共感はするけれども
相手の感情と自己の感情を切り離し

相手のためにベストを尽くしても
自分が摩耗すること無く。

 

適切なバランスで仕事を受けること。

 

これが奉仕する仕事、なんちゃうかな。

 

そのバランスは非常に絶妙。

 

このバランスが崩れると

相手をモノのように扱ったり
相手との境界線が上手く取れなかったり
共感しすぎてしんどくなったり

 

そんな事が起きるんやろな、と。

 

見えないものを扱う者が
常に考えないといけないのは

 

相手に対して、いかに結果を出すか だ。

 

だからそのために、その都度ベストを尽くす。

この絶妙なバランスを保ったままで。

 

これが出来ていれば、結果はついてくる。

自分のことも考えながらも 相手を尊重する。

 

その姿勢こそが 奉仕するということ。

忘れてはならない、大切なこと。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿