見えない世界の声を聴くこと。
私の仕事であり、ライフワークですが

実はこれ、めっちゃ楽しいんですわ。

私は視覚優位派なので、メッセージなんかは
画像で視えることが多いねんけどね。

見えない世界から伝えられる画像って

 

1枚の写真から

画像以外の情報を受け取ってる。

そんな感じなんよね。

 

例えば風景の写真があったとするやん。

普通は、風景しか解らんよね。

 

サイキック能力を使った場合は

 

どんな場所で撮ったのか。

状況はどうだったのか。

撮った人はどうだったのか。

 

……みたいなコトが解るんよね。

 

ある意味、情報過多みたいな所もあるから
取捨選択する必要はあるねんけれども
(めっちゃどうでもいい情報もあるから)

写真に付属するデータ(Exif情報的な)が
一気に自分の中に流れてくるような感じ。

 

何が楽しいかって。

 

この情報は私の主観とか思い込みとか

想像の範囲を超えたデータなんよね。

 

だから、クライアントさんしか知り得ない
事実が出てきたりするんよね。

もう、その瞬間は不思議としか思えへん。

 

見えない世界の声は

あなたに必要なことを 必要なぶん

その時のタイミングで届けてくれる。

 

それは玉手箱のように、何が出てくるかは

あなたの状況やタイミング次第やの。

 

そして、その受け取ったメッセージが
クライアントさんの未来に役立つ。

 

こんな嬉しいことはないわ。

 

あなたに必要なメッセージを届ける。

この仕事に私は誇りを持っている。

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿