資格を取る、取得した ってのは結婚式と同じようなもの。

そこは只のスタート地点で、その先は活かすもあなた次第だし どういう方向にしたいかも、あなた次第。

 

資格ってね、ほんまに色々あるよね。

その中に医師免許や看護師資格、弁護士や行政書士など その仕事に就くために必要なもの、証券外務員や保険販売員など、その業務に従事するために必要なもの。
これらはね、まずその仕事や業務に就きたいなら必須なもので、取らんと話にならん訳です。

 

だけどね、それ以外の資格……取っても取らんでも、自分の仕事に影響がないものや、自分の仕事のスキルアップの為に取る資格ってのあるよね。

 

そんな資格を取ろうとする時。

ほんまに必要やったり 興味があるから、もっともっと学びたいから、その結果 資格を選ぶんやったらエエと思うねん。

 

そやけど、今まで自分がやってきた体験や経験の裏付け、エビデンスにするために資格を取るのは ちょっと違う気がするんよな。

 

あなたの持っている経験から得た知識こそ 宝そのものであるし、今既に仕事になっている人は 資格がなくても出来ていたわけでしょ?

 

なのに、なぜ取ろうとしているのか。自分の経験や感覚に自信がなくて、そこを補完するために、資格を取ろうって考えてない?

それで資格取ったら、「取った自分」ってことに対して、ちょっとだけ自信がつくかも知れん。だけど次は資格取って経験も長い人に対して 引け目を感じるんちゃうかな。

 

私も過去、資格取ろうかなって考えたことあるねん。

 

心理学の講座やってんけど(笑)今考えると要らんやろ、って突っ込めるんやけど、それがあったら自分の仕事に信憑性がある気がしたんよねー。

でもさ、結局のところ 私の仕事に信憑性を与えているのは「過去に会社に勤めていた」ってことなんよね。毎日最低10人以上、多い日は50人とかの接客こなしてさ。その経験から積み上げてきたこと、顧客から学ばせていただいたことが、生きてるんだよね。

 

自信の裏付けに、資格取得を考えるなら。

資格取得を仕事の足がかりにしたいなら。

 

ちょっと落ち着いて、自分の心に問いかけるとエエんちゃうかな。

焦ったり、自信の無さからする選択は 間違うこともあるから。自分が後悔しない! コレで行く!! って決めてから 腹くくってから 選んでいくとエエよ。

 

資格はスタート地点。

知識はお金で得ることが出来るけど、経験や感覚はお金では得られないモノやから。

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿