占いでも霊視でも お題は決めてから行け!!

そうしないと答えもボケるんよー。

 

セッションにお越しいただいた方で、質問がぼんやりしているというか ざっくり過ぎ。

そんな時はすごーーく読みづらい状態になることがあるんよ。

聞きたいことは明確に、ハッキリ言ってもらうほうが お答えがサッと出やすい。

 

私は「自分に向き合わせる、本音を見つけること」が得意なんで、エンターテイメント性の強い占いとは全く違うし、霊視についてはエンターテイメント性はゼロや。

 

「私これからどうなりますかね?」とか 何が知りたいんか意図が解らない・掴めない質問(こういう時って大体、本音を隠すためか嘘付いてる時)言われても困るし。

「何聞いたらいいんかわからん」「るかさんと話したかった」とか言われる方がまだ読みやすい。

 

エンターテイメント性を期待しているなら、私はご期待に沿われへん。

そういうのはもっと得意な人がいてるわ。

 

あと、心を開いて貰ってないと霊視しにくいこともあるなあ。稀にやけど。

こういう時はこっちを試すような質問するから、そういう事やって解るけど。

お金払ってまで人試すってなあ・・・ って思わんでもないけどね。そこは私には関係ないこと。

 

こんな胡散臭い職業やけど、クライアントさんにはしっかり向き合ってる。

その人の人生に介入する、変えてしまう可能性があるから。

仕事やから。遊びじゃないねんもの。

 

時間とお金を掛けて、質問するんやから ちゃんと持って帰って欲しい。

その為にしっかり、あなたも考えて来て欲しいねん。

 

お金以上のものを持って帰って貰いたいからさ。

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿