「あなた、霊が憑いているわよ」 って言われましたって、最近良く聞くねん。

で、対策言われましたか?って聞くと「いいえ、憑いているって言われただけです」。

 

・・・もうホンマにね、いい加減にして欲しい、言うだけの「自称 見える人」。

あのな、見えるだけなら「ただの見える人」。霊能者じゃない。

 

対策まで伝えられて、始めて霊能者なんやで。

見るだけ見て、言いっ放しって。不安煽ってどないやねん。

 

ここにも書いたんやけどさ、そんな親しくもないし、頼んでもないのに

「あなた憑いているわよ」って言う人。何なん?

 

で、言うだけ言っといて「私には除霊できないんで」ってなんやねん。

相手に不安与えて 放ったらかしかい。

 

 

目に見えないものは、確認しようが無いし 検証しようがない。

そこに付け込んで、不安にさせて 人の心を揺さぶって、何の得があるんや。

 

しかもこういう人って、頼んでへんのに 勝手に見て、勝手に言うのな。

そんなんは、ただの覗き見で すっごい失礼で 下世話な行為やで。

 

 

見えない世界は見えないからこそ、大切に扱わんとアカンもんなんや。

生きている人の思いも、丁寧に汲むことも必要なことの一つ。

それを踏みにじるような行為は、見える見えへん以前に、人としてどうなんや。

 

見える見えないなんて、そんなに大切なことじゃないし、特別なことでもない。

それよりも、人として思いやりや心があるかどうか。

それが霊能者に必要で、欠けてはあかんモンなんよ。

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿