「セルフマガジン」。

それは一言で言うなら「会社案内の個人版」。

あなたが過去に 自己紹介しづらい、自己紹介しても会話に繋がりにくかった・・
そんなコトがあったなら、絶対作って損なし!!

セルフマガジンを作るメリットは沢山有るけれど、私がオススメしたい理由はこの3つ。

 

  • 思いや理念を伝えやすい
  • 紹介に使ってもらいやすい
  • サービスの可視化

 

まずひとつ目。

「思いや理念を伝えやすい」。

メニューとか書いてもいいし、私も載せてるけど、それよりも「自分がこんなことしてます」
「こんな思いでこの仕事してます」ってのを載せんとあかん。

1番知ってもらいたいことやん?これが無いと、ただのパンフレット。

自己紹介しづらい人で 一言で仕事が説明できへん人は ココ抑えておけば エエんよ。
私がこのパターン。

いつも自己紹介では

「占い師ですが、占い師っていうよりも霊視とか胡散臭いコト方面です」

っていうウケ狙いしてて、それは「上手く説明できへんから」なんよね。
(鉄板ネタになりつつあるけど)

そんなんでも、セルフマガジンあれば 趣旨や思いは解ってもらえるからね。

 

2つ目。

「紹介に使ってもらいやすい」。

自分のサービスを利用した人が、お友達や知り合いに紹介してくれる。

こんな事しててな、そんでなー!って言うてくれても、どんな人なんかは説明できへんかったり どんな事してて、いくらなんか ってのが解らんのよな。

セルフマガジンなら、そんな時も安心。だって、渡すだけやもん。

紹介してくれる人も、紹介しやすいし、紹介してもらった人も「読むわー」って言いやすい。

 

3つ目。

「サービスの可視化」。

何をやっているか、どんな事をしているか 全く想像できない、ぼんやりと解るけど、よく解らない。そんな職業の人にはサービスを可視化することが出来る。

具体的には 占い、セラピー、ヒーリング、コンサルタント、コーチ・・・など
人の心や精神を扱う職業。

心や精神は見えない。

だから受けたことが無い、興味が無い人には「未知の職業」「よく解らない職業」になるのな。

それが、セルフマガジンという媒体を使うことで、目に見えるようになるんよな。

 

逆に、目に見えるサービスでも セルフマガジンは有効。

アーティスト、イラストレーター、アクセサリー作家、料理教室の講師さんなどなど。

こういった方々は作品があるはずで、それらを掲載することで「どんな人」ってイメージが付きやすいんよね。

 

このネット社会やのに、今頃 紙媒体?

ちゃうねん。今の時代やからこそ、紙媒体やねん。

直接会った人に「ブログ見てください」って言うよりも「こんなんやってますー」ってサッと渡すほうが 自分を知ってもらいやすいやん。

その場で読んでくれはったら、会話に繋がるねん。

 

私の場合、500部作ったのが1か月で残数50!

450人のお手元に行ってるってコト。必死に配ったワケ違うで。

そしてメニュー表より確実に渡しやすいし、持って帰ってくれはるわ。

 

セルフマガジンは配布物やなくって、コミュニケーションツールやねん。

人と人との繋がりを作ってくれるモンやねんで。

 

気になる人は参考資料代わりに請求してな~。

奄海るかセルフマガジン 残数少!ご請求はこちらから(冊子・送料とも無料)

 

 

もっと気になる人はセルフマガジン作成講座の動画もあるでー!

何と無料やから!見といて損ないで!!

詳しくはこちら!

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿