こんなん言ったらワガママやって思われるんちゃうかな・・

ワガママやって思われるん嫌やから、遠慮しとこ・・・

 

って思っているあなた。

 

そんなん言うてたら、あなたの気持ちは 何時まで経っても理解してもらえへんで。

 

ワガママは「自分の思う通りに物事を動かそうとすること」やって思ってる?

 

ちゃうねんで。

「自分の思う通りに、物事を動かそうとして 他人や周囲を振り回したり ぶち壊したりすること」と我侭と言うんやで。

 

自分が相手を尊重して、その上で伝えることは我侭ではない。

相手もあなたを尊重するなら、あかんくても ちゃんとその旨云うてくるやろ。

 

相互理解の関係性には、我侭って発生せえへんねんで。
だって、相手か自分かどっちかが、どっちかの言うたことを受け入れるんやもん。

 

そやけど相手の意思や意見を尊重すること無く、やりたい事だけをやってもらおう
言うたらなんとか相手がしてくれるやろー、言うこと聞いてくれと思うマウンティングな気持ち。

これがあったらワガママってことになるやろね。

 

 

ここまで読んで、自分がワガママ言うてへんか考えたあなた。

 

 

絶対あなたはワガママ言うてへん。

 

なんでかっていうと、ワガママ言ってる人は 自分がそんなん言うてる思ってないから
この記事読まへんわー。
そういう人は遠慮なんてせんし、ちょっとは遠慮せえよ、って思われてるからー。

 

自分が相手を尊重して、相手もこっちを理解しようとする想いがあるなら

ワガママはただの願望であり要望だ。

それを受け入れてくれる人には感謝をプレゼントしたらエエのよ。

 

そして、あなたも出来る範囲で 相手の願いを受け入れてあげればいい。

 

あかん時もあるで、そら。相手にも都合と考えがあるからさ。
でもワガママやから断るんや無くて ニーズの不一致ってだけ。
別にあなたも相手も悪くはない。

 

 

ワガママだと思って遠慮してたら、何時まで経っても あなたの想いは通じない。

勇気を出して、ほんの少し言うてみよ。

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿