神棚や、仏壇がご自宅にある方 結構いらっしゃると思うんですが

 

置いていい場所と 置いたらアカン場所があるって知ってます?

 

本格的な神棚までは行かなくても、御札を置いて 簡易神棚を作っているあなた。

お位牌とご遺影を置いて、仏壇のようにされているあなたにも 知っておいて損はないよー。

 

まず、置いたらアカン場所。

 

トイレの近く!

キッチン!

床の間!

仏壇は押入れの中! 

 

ただし、御札には例外があります。

  • トイレに烏蒭沙摩明王の御札を貼る
  • キッチンに荒神様・阿多古様の御札を貼る

この御札は その場所専用やし、その場所を護るためのお札やから、心配せずに貼ってな。

 

 

次に、置くのにベストな場所。

神棚・仏壇とも 家族の顔が見える場所。

昔は仏間ってあったんやけど、今はないからねー。神棚と仏壇を一緒に置く時は、神棚の方を高い位置にしてな。

 

で、ここで もう一つ置いていいか、ダメなんか 見分けるポイントがあるねん。

 

それが 方位

いわゆる方角。意外とね、これを気にしてない方多いの。

 

実は 神棚と仏壇は、置くのに良い方角・向きがあるんよね。

そして、その方位は神棚と仏壇で違うねん。

「神棚はこの方角がいいから、仏壇も並べて置こう」

ってしちゃうと、仏壇はダメな向きだった・・・なんて事も。

 

 

あと、これは霊能師としての意見になるんやけど、稀に鬼門筋・霊道の上に置く方がいてはるねん。

鬼門筋 = 北東から南西に掛けてのライン。どのお家にもあるもの。

霊道 = 霊が通ったり、浄化が必要なエネルギーが通る道。下水道のようなもの。土地によってある。

滅多にない事ではあるけど、こういった場所に置いてしまうと、それが原因で 体調不良や家庭不和、家の中で奇怪な現象が起きることがあるねん。

そんな時は場所を見て良い場所に移動する事で 状態が改善されるねん。

不思議やねんけどね。

 

神棚や仏壇を置くとき、引っ越しで置く場所を変える時なんかは、まず方位を確認して設置するよう 意識してみてなー。

 

現在の設置場所で良いかどうか、置き場所等のご相談は、霊視鑑定で。

土地・家相とも併せて総合的に診断、鑑定させていただいてます。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿