ブレスレットと手首のサイズ

ブレスレットをお作りさせていただくときに、必要な物は
「手首のサイズ」

これが結構重要で、つけ心地が変わってくるものなのです。

私は作成時に コレを使ってお作りしています。

パワーストーンブレスレット作成、修理に大活躍! 【ブレスレットデザイナー】【ブレスレットメーカー】★ブレスレットデザイナー★ 画期的デザインツール!ブレスレットの作成、修理が容易に

手首のサイズごとになっている、作成ボードです。

サイズの間違いが発生しづらく、全体のエネルギーの回り方を
簡単にチェックできるので、便利。

ですが、お伝えいただいたサイズが大きい場合
ブレスレットのサイズも大きくなってしまうのです。

手首は この位置で測ります。

手首を測る場所はここです。

カメラロール-268

手首にある、ポコっと出た骨の下、一番細い部分です。

ここを強すぎず、ゆるすぎず、測ることが大切です。

メジャーがない場合は 紙テープを作り、巻いた後でその長さを
定規で測ります。
意外とね、思っているより細いことが多いですよー。

あと、注意していただきたいのは

手のひらが大きいからと言って、大きめを頼まない コト。

ブレスレットって、着けるときに手をすぼめますから
手のひらの大きさはそれほど重要ではありません。そっちに合わせてしまうと、ゆるゆるになってしまいますよ。

オーダーの際は、参考にしてくださいね。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿