古神道の考えからのお話をちょこっとご紹介。

四魂というものを、お聞きになったことは有りますか?
一霊四魂ということもあります。

神道の世界では、魂=心とは4つのモノで出来ているとされています。

その4つがこれ。

アラミタマ・・・根幹を司る力

ニギミタマ・・・周囲の状況を判断する力

クシミタマ・・・自我と呼ばれる力

サキミタマ・・・宇宙に漂う永遠なる記憶

と、こんな風に解釈されています。

この4つの魂が、重なりあって心となるそうです。

元々はバランスよくそれぞれが、それぞれの四魂を持って
生まれてきているのですが、社会生活を営む上で受けたストレスなどで
四魂のバランスが崩れたり、小さくなってしまうことがあるのです。

四魂にはそれぞれ個別にエネルギーが供給されるため
ある魂には強くエネルギーが流れたり、ある魂には弱かったりすることで
心の機能が十分に発揮できないことがあるとのこと。

例えば、感情を抑えられなかったり 怒りっぽかったり。
そして、このバランスで性格が生まれ
行動パターンにも反映されるのですって。
面白いですよねー。

少しのバランスの違いで個が生まれ、そして四魂を整えることで
悟りと呼ばれるものに近づいてゆくのでしょう。

そして、四魂を整え 悟りを完成させてゆくために
私達は生まれ変わり、魂を磨いているのかも知れませんね。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿