人を呪わば。

「人を呪わば穴二つ」 という言葉があります。
これは 安易に人を恨まないことを戒めた言葉でありますが
同時に、呪いにはそれなりの覚悟が必要なんだという意味でも有ります。

自分の幸せの為に、相手を排除したい方もいるでしょう。
ここは私、否定しません。

しかし、相手にやり過ぎないようにする必要があります。
やり過ぎると、ご自身に跳ね返ってきますから。
また、相手が何もしていないのに 気に食わないから という理由だった場合。
これも跳ね返ってくることが有ります。この場合は 一方的な暴力の対価です。

そういうならないように、ブレーキになる仕組みを作っていますが
いくらブレーキを作ったところで 使う人が自分を律しないと意味のないこと。
自転車のブレーキみたいなものなんです。

のろいも、まじないも あなたが幸せになるためにあります。
しかし、努力はどちらにも必要です。

のろいは 自分を律する努力。やり過ぎないように。
まじないは 願いを強く持つこと。

凄く難しく感じるかも知れません。
しかし、想いが動かす原動力になることも 知っておいて下さい。

どっとはらい。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン奄珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿