「因果は巡る」ってタイトルにしていますが、まあ要は原因があるから結果が有る・・・って話です。

 

全ての学び、出来事は
「自分が起こした原因・自分の能力・自分の行い」 から 導かれているのです。

全く原因が無いことは何一つ無いのですね。

 

ただ、対人関係に限っては「相手がどう受け取るか」ってことにも左右されますので、全てがそうだとは断言しきれないのですが、少なくとも自分の身に今起きていることは 自分に何かしらの原因・理由・行動があるからなのです。

 

これは悪いことだけではなく、良いことも含みです。
良いことだと、努力の結果と言い換えることになりますね。
また、今までAという方法でやってきたのに上手く行かないのは 違う方法でやる時期、もうその方法から抜け出ましょうというサインです。

 

原因は何かを見極めることです。そこに善悪はありません。
やったことの結果が今起きているのです。

 

「因果は巡る」 「因果から逃れられない」  のは

 

自分がやったことに対しての結果だからなのです。

 

自分の蒔いたタネは自分が収穫するということ。
どんなタネをあなたが蒔いていくのか。
結果に満足できなければ、どう改善してゆくのか。

 

それを見極めてこそ、望む結果を出して行けるようになるのです。

 

 

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿