【コラム】諸行無常

こんにちわん 。東洋魔術師・奄海るかです。
タイトルが固いですが、よろしくです。

ちょっと調べ物をしながら仏教関連の本を読んでいたのですが
「諸行無常」という言葉が出て来まして。

これは一言で言ってしまうと

全てのものは 存在すること=変化がある という教えです。

全て一切のものが永遠ではない」ということ。
自分の心も身体も、世界も宇宙も 何かしらの変化を日々しており
そして、同じ時は一度もないのです。

なんとなく、虚しさを感じる言葉ではありますが
仏教的には虚しさを感じるものはないそうです。日本独特なんですって。

そう、同じものは何一つ無いのです。
自分の胸に手を当ててみてください。気持ちだって毎日変わりますよね。
永遠に続かない思いもあります。

でも、それを悲しむことはないのです。だってそういうもんだから。
そういった感情に左右されず、全てを天に預けてしまうこと。
これが大事だと知ることが、楽に生きるための一歩なのです。

変化はあって当たり前、それが良い変化か悪い変化なのか
感じるのはあなたの心。
どう捉えるか、見極めて 後悔のない日々を過ごしたいものです。

奄海るかセルフマガジン・無料配布中

無料メールマガジン 奄珠堂通信に登録しませんか?

無料メールマガジン庵珠堂通信

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

あなたにオススメの投稿